JCMA ENERGY

お問い合わせお問い合わせフリーダイヤル 0120-010-015

融資について

  1. TOP
  2. 安心サポート
  3. 融資について

融資について
CHECK

事業プランから返済シミュレーションまで細やかに。

太陽光発電事業を始める際の資金調達に、融資をご活用いただけます。個人・法人に関わらず、事業計画に応じた融資についてのご提案が可能ですので、お気軽にご相談ください。手続きや審査に関するご相談や、事業計画のプランニングや返済シミュレーション作成のお手伝いもさせていただいます。

融資活用の基本

融資を受けるためには、売電収入の見込みや返済金額などを明確にすることが重要です。
JCMAエネルギーでは発電シミュレーションを行い売電収益を試算することによって細かな事業計画を策定する事が可能です。
借入金利・諸費用・手続き・与信審査・返済期間などの融資に必要なポイントをふまえ、それぞれの事業計画に合わせた最適なアドバイスをいたします。

3つの融資先

公的融資(日本政策金融公庫)
「日本政策金融公庫」(旧国民生活金公庫)のこと。金利が安く、15年までの返済で2%程度。金額によっては「無担保」「無保証人」で融資を受けることも可能です。
銀行
「都市銀行」「地方銀行」「信用組合」様々な選択肢があります。比較的金利は低く、中には公的融資よりも金利を安くしているところがあります。
ノンバンクのソーラーローン
施工店と提携していることが多く、「無担保」「無保証人」で融資を受けるられるのが特徴です。審査が通りやすく、手続きもスピーディです。

公的融資は非常に低い金利が魅力的な融資です。その反面、契約時に事業契約書や返済契約書が必要など、手続きが複雑なのが特徴です。時間に猶予がある場合におすすめします。

銀行の場合、金利などの条件面が銀行ごとに違う分、選択肢が多くあります。ただし、保証人や担保が必要であるといったケースもあり、審査も通りにくくなっています。その為、「何カ月も掛けて手続きしたのに審査に落ちてしまった」というケースも少なくありません。

3つの中で最も借り入れしやすいソーラーローンは、無担保・保証人なしで融資を受けられる場合が多くあります。15年といった長期返済も可能です。金利は上記2つと比較すると若干高いものの、3%を下回るものも多くなっています。

ご融資までの流れ

公的融資(日本政策金融公庫)

  1. STEP1:融資の相談
  2. STEP2:必要書類の提出・面談
  3. STEP3:融資の可否を決める審査(1~2か月)
  4. STEP4:融資の実行

銀行

  1. STEP1:融資の相談
  2. STEP2:必要書類の提出・面談
  3. STEP3:融資の可否を決める審査(1~2か月)
  4. STEP4:融資の実行

ノンバンクのソーラーローン

  1. STEP1:融資の相談
  2. STEP2:融資の可否を決める審査(数日~数週間)
  3. STEP3:融資の実行

お問い合わせ

太陽光発電に関するあらゆるご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-010-015

資料請求・お問い合わせ