JCMA ENERGY

お問い合わせお問い合わせフリーダイヤル 0120-010-015

自家消費型太陽光発電

  1. TOP
  2. 事業案内
  3. 自家消費型太陽光発電

自家消費型太陽光発電
ENGLISH

電気の自給自足で、エネルギーコストを大幅カット。

工場や店舗の屋根を発電所に。設備費用の低コスト化で中小企業も導入増加。

自家消費型太陽光発電は、工場・倉庫・店舗などの屋根や屋上を利用して太陽光発電システムを設置し、作った電気を自施設で消費するものです。再生可能エネルギー設備の導入は企業のイメージアップにも繋がり、大幅な経費削減に繋がるため大企業のみならず、昨今では中小企業での導入も増加しています。電気料金は年々値上がりを続けており、今後もその傾向は続きます。今まで活用していなかった自施設を活用し自家消費太陽光発電設備を導入すれば消費電力を30~45%(※注)賄うことが可能です。
※施設の形状や周囲の環境により異なります。一度お問い合わせください。

自家消費型太陽光発電3つのメリット

電気代削減
経費削減に大きく寄与でき、多くの企業で導入が本格化しています。
電力会社から購入する電力量が減少し、電気代の大幅に削減できます。売電に比べて送電ロスが極めて少なく、電力を無駄なく使うことが可能です。初期費用にはソーラーローンと呼ばれる低金利ローンが使用でき、返済額と同等かそれ以上の電気代節約が期待できるため、相殺によりほぼ実損がありません。初期費用の回収後は、浮いた電気代がすべて経費削減につながります。
即時償却/税制優遇
「中小企業経営強化税制」による即時償却が利用できます。
「中小企業等経営強化法」とは、中小企業の生産性・経営力を向上させるためにできた制度です。この制度を利用することで、太陽光発電の設備投資費を100%初年度の経費として計上することできます。また、「中小企業投資促進税制」による30%特別償却も利用できます。設備投資を行なった初年度に特別償却を行なうと赤字になる場合は、特別償却を翌年に繰り越すことが可能です。
非常電源
停電や電力制限など、災害時の事業リスクの備えにも。
災害時の停電や電力不足による使用制限の際も、自施設で太陽光を使って発電する自家消費型太陽光は、電力の供給源として大きな役割を果たします。さらに、蓄電池を併用すれば、貯めておいた電力を自立運転用コンセントから使用することが可能です。太陽光発電と蓄電池の導入は企業の危機管理として非常に有効であり、事業の早期再開につながります。

自家消費を目的とした場合、補助金制度を活用できる

蓄電池を導入するには様々な補助金制度があります

VPP補助金や各都道府県の補助金など、太陽光発電システム関連の補助金は多様化しているため、設置をご検討の場合は必ず活用できる補助金などの支援制度を確認するとお得です。

自家消費型太陽光発電導入の基本的な流れ

  1. お問い合わせ
  2. ご提案・シミュレーション、屋根診断
  3. ご契約
  4. 各種手続き
  5. 商品発注
  6. 工事着工
  7. 工事完了
  8. システム検査
  9. 連系
  10. メンテナンス

自家消費型太陽光発電の特徴

  • 会社、工場、倉庫などの屋根や空きスペースを利用して太陽光発電を導入できる
  • 発電した電気を自らの施設で利用して電気代を削減できる
  • 正確なシミュレーションで、様々なご提案ができる
  • 補助金や税制優遇がある
  • 屋根工事にも精通しているため安全な自家消費システムを設計できる
  • 企業イメージのアップ

こんな方にオススメ!

  • 今期を利益が出そうなので節税対策をしたい
  • 電気代を安くしたい
  • 税制優遇を活用してオトクに設備投資したい
  • 災害対策をしたい
  • 店舗・ビル・工場のオーナー(一般住宅ではない)
  • 自然・環境問題の解決に取り組んでいる企業
  • 自社の自家消費導入を命じられている、企業の上層部の方

ソリューション
JCMA ENERGY SOLUTION

お問い合わせ

太陽光発電に関するあらゆるご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-010-015

資料請求・お問い合わせ