太陽光発電事業トップ
MAX発電量精密検査
信頼できる施工業者
工事後の安心を追求
安心の補償体制
発電に適した土地をご紹介
徹底したサポート体制

高精度3D発電シミュレーションソフトを採用

影の発電シミュレーション

JCMAの発電シミュレーションでは、施主様により正確な発電量を把握して頂くため最新のシミュレーション環境を整えております。

あらゆる土地・条件に合わせ、過積載時では過積載率を含めたシミュレーションはもちろん、電柱や建物など障害物のせいでパネルに影が掛かってしまう場合での発電損失を含めた3D発電シミュレーションも行っております。

パネルによる反射光

さらにパネルによる反射光を予測することが出来るため、問題がある場合は事前に対策を講じることで近隣の方々へ迷惑をお掛けしてしまうことを防ぐことが出来ます。

遮光率に計算できる

ソーラーシェアリングをお考えの場合には、農地の一時転用許可の申請に必要な遮光率も計算することが出来ますのでお気軽にご相談下さい。

JCMAでは、一般的に普及されている発電シミュレーションより、はるかに正確な発電量の数値をシミュレーションすることが可能です。

また、多種多様なパネル・パワコンに対応してシミュレーションを行っておりますので、仕様書さえ確認できるものであれば安心してお任せいただけます。

簡単無料!影の影響を含めた発電シミュレーション!

お名前
※必須
お電話番号
※必須
居住所
※必須
メールアドレス
※必須
設置予定地住所
※必須
設置予定地の図面など
任意

設置予定地の図面または資料・画像などがあれば添付してください。
(5MBまで)

最適なストリングの組み方で設計

ストリングとは、太陽光が発電した際に、十分な電力量を得られるようにする為に必要な、複数の太陽光パネル同士をケーブルで連結させたグループの事をストリングと呼びます。

部材や設置場所など条件が同じでも、ストリングの組む方法が違えば発電量は大きく変化します。

それは、影が掛かって発電量が低下したパネルに結線している影の掛かっていないパネルの発電量も依存して低下してしまうからです。

太陽光発電ストリング

上図の様に西側から影が発生した場合、影が掛かるパネルは一部だけのはずが、ケーブルで繋がれているパネル全てに影響を及ぼし、ストリング全体の発電量を大きく低下させてしまいます。

設置場所周辺に木々が生えていたり、電柱や建物が建っていたりして、朝から日が沈むまでの間パネルに影が掛かる時間帯がある場合は特に、ストリングの組み方に注意しなければいけません。

影のある場合のストリングの組み方 ストリングの組み方 20年間の売電収入に差が出ます

上記の場合では上下にストリングを組んだ方が左右に組むより発電量が多くなります。

その理由は、ストリングを上下に組む設計を行うことで、影が掛かかっているパネルが引き起こす、発電量低下の影響範囲を最小限に留めることが出来ているからです。

パネルのストリング

ストリングの組み方は上下左右の他にも沢山ありますが、どのストリングの組み方が発電量を最大に出来るかは、パネル配置やパネルの種類など条件によってさまざまで、精密なシミュレーションを行い発電量を比較していくしかありません。

JCMAでは、この様な発電所周辺に電柱・建物などある場合には、パネルに掛かる影の計算をもとに実発電量の最大化にする最適なストリングを組んで施工いたします。

簡単無料!影の影響を含めた発電シミュレーション!

お名前
※必須
お電話番号
※必須
居住所
※必須
メールアドレス
※必須
設置予定地住所
※必須
設置予定地の図面など
任意

設置予定地の図面または資料・画像などがあれば添付してください。
(5MBまで)

土地に合わせた過積載設計で発電量が大きく変化

実はパネルを設置する際に下図のように隣接して建物などがある場合、影がかかる場所は発電損失が出てもったいないと設置を避けようとする工事が多いです。

影をさけたパネル配置

たしかに、年中朝から晩まで影がかかるというなら、影になる場所にパネルを設置するのはもったいないです。

通常、影の角度は時間帯によって変化します、365日24時間ずっと同じ場所に影がかかる訳でないのであれば、影による発電損失を含めてシミュレーションをしてみると、実は影がかかる場所でも、過積載で設置すれば利回りが良くなるケースが多いです。

以下の条件でシミュレーションを行ってみましょう

使用するパネル

単結晶
パネル
最大出力 変換効率 出力動作電圧 出力動作電流 開放電圧
単結晶
300W
18.3% 32.59V 9.21A 39.90V

使用するパワコンデショナ

単相
パワコン
容量 変換効率 出力電圧 最大出力電流
5.5kW 95.5% 単相AC202V 27.5rms

設置方法・条件

販売価格
(税別)
売電単価
パネル枚数 パワコン台数 過積載率 設置場所
14,870,000円 18円 324枚 9台 196% 愛知県豊橋市

当サイトで使用されているシミレーションに関する画像は「Solar Pro」で作成した画像です。(「Solar Pro」は株式会社ラプラス・システムの登録商標です。) パネル設置データ
シミュレーション結果

償却年数7年1ヶ月 年間発電量116,928kWh
20年間の収支27,224,080円

次は、先ほどと同じパネル・パワコンで、1番影のかかる建物隣接のパネルを72枚を減らして、パネル252枚の場合でシミュレーションを行ってみます。

設置方法・条件

販売価格
(税別)
売電単価
パネル枚数 パワコン台数 過積載率 設置場所
11,940,000円 18円 252枚 9台 153% 愛知県豊橋市

 

パネル設置データ02
シミュレーション結果02

償却年数7年3ヶ月 年間発電量92,184kWh
20年間の収支21,246,240円

2つを比較すると、影が1番かかる場所に72枚多く設置した方が利回りが良くなっています。

このようになる理由としましては、影の影響はありますが年間のトータル発電量でみると、そこまで大きな影響ではない事と、容量を増やす事によって導入コストが割安になる為です。

年間発電量の違い

↓パネル324枚(影があっても過積載した場合)

月別の発電量データ

年間発電量116,927kWh 年間売電額2,104,686円

↓パネル252枚(影を避けて過積載をしなかった場合)

月別の発電量データ

年間発電量92,184kWh 年間売電額1,659,312円

この様に、最適なパネル配置の計画が出来るかどうかで20年間で大幅な損失を生む事もございます。

影の影響が大きそうだからと72枚多く設置しなかった場合、
20年間の売電価格に5,977,840円の損益が生じます。

影のかかり方は設置予定地によってさまざまです、今回のようにパネルに掛かる影の影響を考慮しなければ、どのくらいパネルを載せれば発電効率を最もよくできるのかが計算できません。

JCMAの過積載設計では、パネルに掛かる影がある場合でも、影を含めた高精密シミュレーションを駆使することにより、発電効率が最も優れたシステム設計にすることが可能になります!

過積載による20年間の売電収支の増加率

※下記のシミュレーションの発電量は愛知県豊橋市でのシミュレーション値になります。

売電単価18円で、価格表を作成いたしました。(消費税抜き)

75.6kW 過積載率153%

49.5kW

単結晶300W

11,940,000円(税抜)

92,184kWh

 33,186,240円(税抜)

 21,246,240円(税抜)

97.2kW 過積載率196%

49.5kW

単結晶300W

14,870,000円(税抜)

116,928kWh

42,094,080円(税抜)

27,224,080円(税抜)

118.8kW 過積載率240%

49.5kW

単結晶300W

17,820,000円(税抜)

140,769kWh

 50,676,840(税抜)

 32,856,840円(税抜)

3パターンの過積載発電所のシミュレーションから、過積載率を増やすほど収支率が下がる事もわかりますが、20年間のトータル収支は当然過積載率が多いほど多くなります。

土地をあまらせても他に使い道がないのであれば、可能な限り過積載するのも1つの手です。

JCMAの太陽光発電設置プランでは、お客様のご希望にあわせたプランで最も発電効率の良い設計をご提案いたします

簡単無料!影の影響を含めた発電シミュレーション!

お名前
※必須
お電話番号
※必須
居住所
※必須
メールアドレス
※必須
設置予定地住所
※必須
設置予定地の図面など
任意

設置予定地の図面または資料・画像などがあれば添付してください。
(5MBまで)

実際の発電量とシミュレーション結果に違いが生じる理由

発電量を予測するためには、太陽光発電シミュレーターによって計算を行います。

発電シミュレーターの種類は様々あり、どの発電シミュレーターを使用するかによってシミュレーションに必要な情報が変わってきます。

発電シミュレーションに必要な項目

①設置する住所 ②設置方法
③パネル情報
④パワコン情報
⑤架台の角度とパネルの方向
⑥パネルの回路構成
⑦周囲の木や電柱、建物などの情報
⑧パネルの配置図
⑨パネルの地上高

これらの項目のうち、より多くの情報を取り込んで計算できるシミュレーションほど、実際に発電所を設置した後の発電量に近いシミュレーションを作成することが出来ます。

つまり、逆をいうと情報が少なければ少ないほど、その分シミュレーションと実際の発電量に違いが生じます。

ここで注意しなくてはいけないのは、普及されている発電シミュレーターは簡易的なものが非常に多く、設置後の実発電量と設置前に提示される発電シミュレーションで発電量に大きな誤差が生じている事例が多発しているという所です。

これでは、いくら順調に発電所を運転をしていても思った通りの発電量に到達することはできません。

この様な理由で、施主様への不利益に繋がる事例を減らしていくためにも、JCMAでは上記の「発電シミュレーションに必要な項目」の全ての情報を取り入れて計算できる高精密シミュレーションを採用しております。

 

協会が推奨する指定優良業者が施工を行います。

施工写真1

全国の「指定優良業者」が、土地の条件に合った工事をしっかり行います。

「指定優良業者」とは、住宅及び、太陽光発電所の工事・施工を熟知した日本住宅工事管理協会が、全国の施工業者に対し多くの実績と確かな施工力をもった業者に向けて認定を行っており、

その認定を受けた施工業者を「指定優良業者」と呼びます。

JCMAが施主様にご紹介いたしますのは、全て認定を受けた「指定優良業者」となりますので、ご安心して工事をお任いただけます。

杭の引き抜き調査

杭引き抜き調査

地面に杭を打ち込む前に、必要に応じて設置予定の地盤の強度を専用の機械によって検査しております。

その後、墨出し(杭や金具などの位置の測量)を行います。

杭打ち+軟弱地盤対策

軟弱地盤対策

JCMAでは、太陽光発電設備の施工の中でも強度を最重要視しております。

ぬかるみのある様な軟弱な地盤であっても、打ち込んだ杭の周辺にセメントを流し込み補強を行います。

架台・パネルの設置

パネルの設置写真

地盤補強と杭の打ち込みが終わった後、架台の設置とパネルの設置を行います。

電気工事

パワコン設置

発電した電流を流すため、建柱・パワコンの設置・分電盤の設置を行います。

増し締め

ボルトの増し締め1 ボルトの増し締め2

フェンス等を設置して全ての工程の終わりに、各配線の手直しと架台・パネルの固定具の全てのボトルの増し締めを行い、完工となります。

20年の施工保証と完工後システム検査

完工後システム検査

JCMAでは、技術力の高い施工業者のご紹介に留まらず、完工日より20年間の施工保証を行っております。

さらに、より長く安定した運用を行っていただける為に、「第三者機関のメンテナンス会社による無料の完工後システム検査」を行なっております。

これは、施行を行った業者ではなく、第三者機関による厳しい検査を行うことによって、施工での小さなミスから、システム異常をいち早く発見できます。

この完工後のシステム検査によって、長期に渡る安定した発電事業を行って頂いております。

第三者機関による完工後の目視・作業・測定

パネルの検査パワコンの検査廃熱設備検査完工増し締め

太陽光発電所の完工後検査では、まず専門の検査員の目視よって、架台・モジュールに付着物や変形、パワコンの防水処理、フィルターやファン部位に異常がないか、集電箱の防水処理、ぐらつきがないかなど確認をおこないます。

目視での検査に異常がなければ、架台・端子台など各ボルトの確認を行います。

最後に測定を行っていきます。
モジュール・パワコンへのIR測定でセル単位での蓄熱、内部機器の発熱異常がないかをサーモグラフィーによって測定していきます。

その他、IVカーブ測定や絶縁抵抗測定などを行います。

厳しい検査のもと検査結果をA~Eの判定に細かく分類して、問題なしと判断されて改めて施工の完工となります。

完工後検査の点検結果例

システム検査の結果

また、完工後のシステム検査は全て無料で行わせて頂き、結果が良好でない箇所があった場合には、施工の手直しを迅速に行わせて頂いております。

 

災害補償

昨年は例年にも増して、九州をはじめとして全国で台風の被害(水害・風害共に)がありました。
日本は、多くの台風が上陸する台風銀座ですので、パネルを設置する形態である太陽光発電所は直接的な被害が心配です。

JCMAでの指定優良業者の施工は、強度を最重要ミッションで施工しておりますので、災害に強い施工が売りであります。

ですが、自然災害ではありとあらゆるケースがあり、必ずしも施工による原因ではありません。

災害のリスクといえば

・強い風によってパネルが飛ばされる
・重いものが設備内まで飛ばされてシステムに衝突して壊れる
・台風後の地盤の緩みによって設備が崩壊する
・落雷によるシステムの故障または、火災
・盗難

など、売電に決定的なリスクになるものばかりです。

JCMAでは、20年間もしくはそれ以上、発電所を稼働させるために施主様の利益を損なわせないための充実した保証でサポート致します。

さらにJCMAでは、災害補償に売電収入補償を組み合わせて頂くことも可能です。

補償の詳しいご説明に関しては、一度JCMAへお問合せ下さい。

全メーカーで免責時間ゼロの出力制御補償
(四国・九州電力管内の施主様へ)

通常の出力抑制補償には、一定の「免責時間」というものが設けられており、抑制開始から免責時間の間は補償が適用されません。

計算式にすると、出力抑制時間-免責時間=補償対象時間というものが一般的です。

免責時間の計算式

例えば、120時間の出力抑制に対して、免責時間が80時間に設定している出力抑制補償の場合、通常の出力抑制補償で対象となるのは、たったの40時間分のみとなります。

JCMAでご加入いただける出力抑制補償の場合、
どのメーカーの部材を使っても免責時間をゼロにすることができます。

※出力制御補償はオプション加入となっております。

グループ会社による駆けつけメンテナンスサービス

太陽光発電メンテナンス

2017年4月1日から開始された改正FIT法での1つに全発電所のメンテナンスを行うことが必須(義務化)になりました。
発電所が2O年間安定した稼働が行われるよう、JCMAではグループ会社による、O&Mサービスを特別価格で導入して頂けます。

 
Q. O&Mとは?
A. O&Mとは「オペレーション&メンテナンス」の略であり、発電所設備の整備(メンテナンス)と、発電事業が安定した運転を行えるためのサポート(オペレーション)を両方を行うことをO&Mと言います。
「発電量の低下」「機器の不具合」「故障」などを未然に防止し、発生後の被害を最小限におさえることが出来ます。
固定買取価格制度の20年間という長い期間を安定した稼働を続ける太陽光発電所にとってO&Mは非常に重要です。

 

JCMAのメンテナンスサービス(O&M)パック内容

 

月々7,000円パック

コンタクトセンター

モニタリング

故障時駆け付け

年1回目視点検

月々12,000円パック

コンタクトセンター

モニタリング

故障時駆け付け

年1回ガイドライン点検

メンテナンスサービスに保険・清掃・除草(オプション)など必要に応じて組み合わせ可能です。

駆け付けサービス内容

発電所のトラブル(著しい発電量の低下・故障・事故)などが発生した際事業者様に代わって発電所を確認するサービスです。

モニタリングサービスで詳細を確認したうえで、事業者様には連絡が入りますので間違いの無い状況が把握できます。

1.モニタリングサービスで故障の詳細がわかる

2.素早い駆けつけが可能

3.再発の防止

4.メーカーとの連絡を代行して行いますので、手間がかからない

目視点検の詳細

年に一度下記内容の対応

パネルの確認

パネル表面の汚れ・破損・障害物の目視
ボルト・ナットのゆるみの触診
ジャンクション・ボックスの配線脱落の目視
パネルの盗難・紛失の目視

架台の確認

全ボルト・ナットの緩みの触診
破損・さびの目視

パワコンの確認

破損・さび・水の侵入の目視
異音・異臭・過熱の触診
パワコンケーブル及び延⾧ケーブルの破損・断線の目視
ファン作動音の聴診
運転履歴(エラー履歴)の確認
排気フィルターの清掃

 

  

従来の土地付き分譲よりも高利回りを目指せる!

 

太陽光発電土地紹介のシステム

固定買取制度の開始から太陽光発電の導入数が爆発的に増加し、現在では太陽光発電を行える土地が全国的に減ってきております。

太陽光発電を行いたいけど土地が見つからないから・・・と太陽光発電を諦めてしまうにはまだまだ惜しい時代です。

当協会では、以前より土地の買取事業も行っており、現在では数多くの地主様から売却希望の土地が集まっております。

その土地の中から、立地・日当たり・送電・地域ごと条例など、を精査を行い施主様に合った太陽光発電にピッタリな土地を、当協会で太陽光発電設置を行って頂ける施主様へ無料で土地をご紹介しております。

太陽光用地案内フロー

さらに、従来の土地付き太陽光投資とは違い、より高い利回りを出すことが出来ます。

まずは土地の確保から!という施主様には是非おススメできるプランとなっておりますので、お気軽にご相談ください。

実績と経験を積んだ協会員がしっかり対応

JCMAは設立当時より、全国の太陽光発電に関する施工を行う業者へ優良業者の認定業務を行っており、同時に太陽光発電事業者様のご相談窓口として太陽光発電事業に関連したあらゆる、ご相談内容への対応及び、トラブルの解決に尽力してまいりました。

個人様・企業様に関わらず、認定を受けた指定優良業者のご紹介。

税制・法制・地域ごとの条例などのご質問への回答。

農地転用のサポートから申請業務の代行。

現場レベルでのシステムの企画とご提案。

培った実績と知識に自信があるからこそ、JCMAの太陽光設置プランでは、施主様一人ひとりに懇切丁寧な徹底した事業サポートを心がけて行っております。

協会として、一般業者では解決の難しい案件であってもJCMAは積極的にご相談に乗り、条件に沿ったご提案を行って参ります。

よくあるご質問

気になるご質問をクリックすると回答が表示されます。

 
Q.1 設置予定地周辺の建物で影が掛かっています、どの位の発電損失が出ますか?
A. 最新の3Dシミュレーションを駆使して設置予定地の影の影響を計算し、発電に最も効率の良いパネル配置でご提案致します。
Q.2 売電単価が18円にまで下がっているけどしっかり収益は出ますか?
A. 固定価格買取制度が開始された全盛期と比べると売電価格は大きく下がっていますが、業界全体で部材費用工事費用など導入費用が下がっていることや、過積載での発電量を底上げする技術の進展に加え、JCMAでは部材をメーカーと直接契約を結んで、部材の大量仕入れ・販売を行っており、高品質な物を価格を抑えて仕入ることを可能としております。
さらに、インターネット上での広告活動を他社に依頼せず自社のみで行うなど、余分となる費用を全て施主様の利益を還元することにより、売電価格18円の現在でも最大利回り「15%」を実現させております。
Q.3 電力申請も任せたいのですが?
A. JPEA及び電力会社への手続きはすべてJCMAにお任せいただけます。
Q.4 電気工事のみ頼みたいなど、分離発注は可能ですか?
A. 電気工事のみのご依頼など、施主様のご希望に合わせて分離発注にも対応させて頂いております。
Q.5 農業を行いながら太陽光発電を行いたいのですが?
A. JCMAでは、ソーラーシェアリングの実績も多数ございます、農地転用のサポートも含め安心してお任せいただけます。
Q.6 融資を受けれますか?
A. JCMAではソーラーローン「アプラス」「イオン」をご利用いただけます。
Q.7 太陽光発電は業者とのトラブルが多いと聞きますが・・・
A. 誠に残念なことですが、「相場以上の工事費を請求された」「実はほとんど工事経験の無い業者だった」「工事が滞って進んでいない」などご相談を頂くことがあります。
JCMAでは、一定の条件をクリアした指定優良業者のみをご紹介しており、実績豊富はもちろん、太陽光発電に関するありとあらゆるご質問に対し明確な回答をさせて頂いております。
Q.8 設置予定地の地域条例を教えてください。
A. 太陽光発電所を設置する前に設置予定地の地域の条例をしっかり調べておく必要があります。
近年、景観条例などが厳しくなっている地域もありますので、事前に調査をしていないと、後になって太陽光発電所が設置出来ない地域だったなんてことも実際にあります。
また条例は地域毎に異っており、稼働後も条例が変更されることもあり条例を把握してサポオート出来る業者は非常に少ないです。
JCMAでは、設置予定地毎に条例を調査し、こまめに自治体と連絡を取っておりますので条例に関するご質問に対し素早く明確な回答をすることが出来ます。
また必要書類などの作成の際もサポートさせて頂きます。
Q.9 太陽光発電の情報がもっと知りたいのですが?
A. JCMAでは公式サイトより定期的に太陽光発電に関する情報を発信しております、太陽光発電事業を行うにあたっての「お役立ち情報」を発信させて頂いております。