JCMA ENERGY

お問い合わせお問い合わせフリーダイヤル 0120-010-015

太陽光発電用語集

太陽光発電用語集

太陽光発電に関連する用語をご紹介します。

サ行

再エネ賦課金
再生可能エネルギーが暮らしを支えるエネルギーの一つになることを目指し、電気を使う全てのものが負担する制度。電気料金の一部となって徴収され、負担額は電気の使用量に比例する。単価は、全国一律になるように調整されている。再エネ賦課金は、電気事業者が買取制度で電気を買い取るための費用に回され、最終的には再生可能エネルギーで電気を作っている方に届く。太陽サーチャージなどが該当する。
再生可能エネルギー
太陽熱・地熱・風力・波力・バイオマスを代表とする、廃棄物によって環境が汚染することのないエネルギーのこと。
再生可能エネルギー特別処置法案
正式名称「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別処置法案」一定期間・一定価格で電気事業者が発電された電力を買い取ることを義務図けるもの。
最大出力
太陽電池セルの電力電圧特性曲線状で電流と電圧の積が最大になる点での出力。(各メーカーが定めています)
最大出力動作電圧
最大出力点での電圧。
最大出力動作電流
最大出力点での電圧値。
三相交流
電流や電圧の移送を互いにずらした3系統の単層交流を組み合わせた交流のこと。
システムインテグレーター
様々なシステムを集めて、一つにまとめてそれぞれの機能が正しく動くようにする企業のこと。
自然エネルギー
再生可能エネルギーなどと同意。
自然災害補償
自然災害などで補償が有効な保証サービス。すべー手のメーカーについているわけではないため事前確認する必要が有あります。
遮熱版
熱を遮断する板のこと。夏の日差しなどで屋根が暑くなりすぎることを防ぐ板。
周波数シフト方式
多くのインバータに搭載されている単独運転防止機能のことです。単独運転時に灰伝染周波数が基準周波数から逸脱するように常時半周期単位でインバータの出力電流の位相を遅れ、または進み方向に変化させています。
出力
回路または装置から送出される電圧、電流、電力のこと。
出力制御
電力会社から発電設備に対し、パワコンからの出力を停止または減らすよう要請して、発電設備からの出力をコントロールすることです。電力会社は、需要に対して供給が多すぎる場合、出力の変更が比較的容易な火力発電の発電量を抑えること等により、供給量を絞り込みますが、それでもなお電気の供給が需要に対して多くなりすぎることが見込まれる場合は、再生可能エネルギーの発電量も抑えることが必要になってきます。
出力保証
メーカーがソーラーパネルの発電能力を保証する制度のこと。ソーラーパネルは長期運用を行うことが前提のため、何かしらの理由で発電量が低下すると発電事業が上手くいかなくなってしまいます。そのため、格目メーカーは発電量を各社の基準により保証しています。モジュール出力保証、発電力保証、製品保証とも呼びます。
償却期間
太陽光発電システムを設置する際にかかった費用を回収するまでの期間。
昇圧ユニット
太陽電池の電圧を行って地まで引き上げる機器のこと。直列枚数の少ない系統の電圧を他の系統にあわせて昇圧することで、少ないスペースでもモジュールの設置をすることができる。
シリコン半導体
シリコンは非金属元素の一つでケイ素と呼ばれています。太陽光発電と非常に愛称が良く、多くの太陽電池に用いられている。
自立運転
系統連系した自家用発電設備が電力系統から解列された常態で、需要化構内単独で運転する状態。
ジャクションボックス
電線同士を結合、分岐、中継する際に用いる端子、端末保護箱。(太陽電池モジュール間を接続及び、モジュールから端子箱に接続するための中継ボックス)電線通過用の穴があけられているため、防湿が必要な場合はパッキンを用いる必要がある。
新電力
大手一般電気事業者(北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、四国電力、九州電力、沖縄電力など)とは別の、特定規模電気業者のことを指します。PPSと表現することもあります。契約電力が50kW以上の需要家に自由に電力供給を行うことができます。
スクールニューディール構想
耐震・エコ・ICTなど21世紀の学校にふさわしい教育環境の抜本的充実を図る構想。
スマートグリッド
次世代型電力網ともいわれる発電・送電・配電などの電力に関するインフラのことです。電力受給の最適化と火災や事故に対する供給コントロールを高めることで、コストを削減することを狙いとしています。
スマートハウス
住宅の呼び方。昼間に発電した電力を蓄電池に蓄えて、夜に使用したりするなど、家庭内のエネルギーの消費を最適に制御できる住宅のこと。
スマートメーター
通信や管理機能を備えた高機能な電力メーター。様々な電力製品の消費電力や太陽光発電で発電した電力をリアルタイムに把握できるシステムです。
スラブ厚
天井や床にかかるコンクリートの厚さのことです。太陽光発電を設置するには、陸屋根のスラブ厚が15cm以上ないと工事ができないと決まっています。アンカーを打つ際に耐える強度が必要なためです。
スリムマウント式
施工方法の一つです。特徴は屋根と太陽光モジュールの隙間が狭いので、屋根と一体感のある美しい外観になります。スレート屋根に利用できる施工方法です。
スレート瓦
屋根材の一つです。元々はコロニアルと呼ばれる石質のある会社の商品名でした。最近の屋根材の主流になっており、コロニアルだけでなく石質の屋根材の総称になっています。
折半屋根
金属屋根の代表的な工法の一つ。主に、断面の構造に充填をおいて開発されたもので、工場・カーポート車庫などの鉄骨の建物に多く使われています。
ソーラーパネル
太陽光パネル、太陽光モジュールとも言います。セルをパネル上に並べたものをソーラーパネルと呼びます。セルが最小単位でパネルが製品一枚です。アレイは複数のパネルを表す単位です。
接続箱
ソーラーパネルで発電された電気を集める周辺機器です。太陽光パネルとパワコンの間に設置をして太陽光パネルで発電された電気をパワコンに送る役割を担っています。パワコン一体型ものもあります。
セル
太陽光モジュールや太陽光パネルとも言います。メーカーが販売するのはセルサイズです。複数のセルが集まるとアレイになります。
全量買取り
固定価格買取制度にのっとり、発電した電力を全て電力会社に売ること。
ソーラーシェアリング
農地で太陽光発電を行うために制度。これまでは農地に太陽光発電を設置することができなかったが、一定の条件を元に農地転用しなくても、太陽光発電システムの設置を行うことができるようになった。
ソーラーヒートポンプ
太陽熱利用機器のこと。太陽熱により作られた温水を利用して作られた温水を利用して、冷媒強制循環させることで、給湯・暖房・冷房の3つの役割を果たすことができる。
ソーラーローン
太陽光発電システム設置のためのローン商品。最大15年の固定金利型。通常のローンの金利に比べて低金利。毎月の収益から支払うように返済計画を立てるのが良い。
送電
電力を送ることで、電力輸送とも言う。
創エネ
創エネルギーの略称。太陽光発電システムや家庭用燃料電池などを利用してエネルギーを作り出していく考えのこと。

お問い合わせ

太陽光発電に関するあらゆるご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-010-015

資料請求・お問い合わせ