JCMAエネルギー 一般社団法人 日本住宅工事管理協会

 

JCMA ENERGY

お問い合わせお問い合わせフリーダイヤル 0120-010-015

太陽光Labo

  1. TOP
  2. 太陽光Labo
  3. 太陽光発電投資
  4. 太陽光発電の見積もりで特にチェックすべき4項目とは?

太陽光発電の見積もりで特にチェックすべき4項目とは?

2020.05.28太陽光発電投資

様々な契約を結ぶ前段階で登場するのが「見積もり」です。それは太陽光発電事業を始める際も同じです。

見積もりは、一番安い価格だから設備の質が悪いとも、一番高い価格だから設備の質が良いとも限りません。見積もりの金額だけで判断してしまうと、後から思わぬ出費が発生する場合もあります。したがって、見積もりの内容にも目を向けることが大切です。

今回は、太陽光発電事業において、押さえておきたい見積もりのポイントを紹介していきます。

太陽光発電の見積もりで注目する4つのポイント

見積書は細かく見るに越したことはありませんが、特に注目すべき項目を4つご紹介します。

スケジュール

スケジュールは、見積もりを取った段階では気にすることが少ないかもしれませんが、太陽光発電事業において大切なポイントです。

太陽光発電設備が引き渡されるまでのスケジュールは、いつから売電が開始されるかどうかが分かる部分です。太陽光発電は契約後すぐに稼働するわけではなく、各種申請、設備工事、電力契約など、様々な手続きや工事を経て設備引渡しが行われます。

契約を締結後に「実は、設備引渡しが想定していたよりもかなり先だった」ということにならない様にしましょう。自身の想像していた計画に大いに影響が出ますので、スケジュールの確認は大事なポイントです。

kW単価

誰でも、何かを買う時には費用を安く抑えたい気持ちがあるものです。しかし、相場よりも格安な見積もりには思わぬ落とし穴が存在する可能性があります。

逆に、相場よりも極端に高い見積もりを提示されるかもしれません。自身で判断が出来るように「kW単価」についても確認しておきましょう。

kW単価とは「1kW発電するのに必要となる費用」のことです。kW単価は下記の計算方法で求めることができます。

「総額÷太陽光パネルのkW数=kW単価」
(※見積書にはパワーコンディショナーのkW数も記載されている場合が多いので、誤ってパワーコンディショナーのkW数で計算してしまわない様にご注意ください。)

2019年の経済産業省の調査によると、10kW以上の事業用太陽光発電設備の平均kW単価は、15~17万円/kW 、住宅用太陽光発電の新築物件になると22~26万円/kWとなっています。ただ、kW単価はメーカーや容量によっても変化しますので、目安としてお考えください。

(※経済産業省|調達価格等算定委員会資料より)

パネルのメーカー・型番の確認

太陽光パネルは、メーカーや型番によって、価格や性能が違ってきます。初期費用を抑えるために、安いパネルを設置してしまうと、実は性能があまり良くなく、かえって初期費用の回収に時間がかかってしまう…という事態が起こり得ます。

ローンで購入した場合には、ローン返済に追われて「月の手元に残るお金がごく僅か」ということもあり得ます。反対に、初期費用が高くついたとしても、高性能なパネルを設置すれば、効率よく発電し、得られる収益が安価なパネルよりもプラスにできる可能性があります。

太陽光発電設備は大きな買い物です。ローンの返済や初期費用の回収にかかる期間などを、長い目で見て見積もり書に記載されたパネルで良いのか考えることが大切です。

発電シミュレーション

発電シミュレーションは、物件の近隣建物や山、木などの影を考慮し、またその地域の日の出、日の入を考えて、どのくらい電気を創れるのか予想するものです。

投資する際、発電シミュレーションを見て購入を決める方が多いです。ですが、提出された発電シミュレーションが全て正しいとは限りません。業者の中には、影や日射量などを考慮せずにシミュレーションを行い、実際の発電量よりも高い発電量を出す業者も存在します。

そのような業者と契約した場合、発電シミュレーションを信じて投資したものの、想定していた収益が得られず資金回収ができなかった、という事態に陥る可能性もあります。

上記以外にも、パネルメーカーの計算ソフトと、ソフト開発会社が販売している計算ソフトでは、発電量が変わってきます。メーカーソフト場合、メーカー間の比較が難しいですが、開発会社のソフトだと、影の細かい設定や中立な立場でのメーカー間比較ができます。

見積もりを取る際は、発電シミュレーションの算出方法や影、日射量などを必ず確認しましょう。

まとめ

今回は、太陽光発電事業に投資する際の「見積もり」についてご紹介しました。収益に繋がる発電所建設のためにも、見積もりを取った際には慎重にチェックしましょう。

JCMAエネルギーでは、太陽光発電事業での見積もりの透明性を大切にしております。納得のいく投資のサポートをさせていただきますので、ご興味があればお気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

関連記事

お問い合わせ

太陽光発電に関するあらゆるご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-010-015

資料請求・お問い合わせ