JCMAエネルギー 一般社団法人 日本住宅工事管理協会

 

JCMA ENERGY

お問い合わせお問い合わせフリーダイヤル 0120-010-015

太陽光Labo

  1. TOP
  2. 太陽光Labo
  3. システム・工事
  4. 太陽光発電設備の変換効率とは?設備の組み合わせ次第では数値ダウンすることも

太陽光発電設備の変換効率とは?設備の組み合わせ次第では数値ダウンすることも

2018.04.20システム・工事
パワコン変換効率設備

「変換効率」と「設備の組み合わせ」を知ることが高利回り発電所作りのカギ!

太陽光発電の設備を導入しようとする際、気にしておくべきもののひとつに「変換効率」があります。
変換効率とは何かを知っておくことで、設備の品質をある程度理解することができます。

しかし一方で、数値で表しやすい変換効率だけを引き合いに出して営業を行う業者もあり、注意が必要です。

変換効率とは、いったい何なのでしょうか。
実は変換効率を知る上で大切なのは、「設備ごとの数値」だけではなく「パネルとパワコンの組み合わせ方」なのです。

変換効率とは?
パネル・パワコンの変換効率の違い

太陽光発電における「変換効率」には、『パネルの変換効率』と『パワーコンディショナーの変換効率』の2点があり、それぞれに気を配る必要があります。

言葉こそ同じですが、それぞれ意味が異なりますので気をつけましょう。

【パネルの変換効率とは】
太陽光のエネルギーを電気のエネルギーに変換する際の効率を示します。
パネルの変換効率が高いということはつまり、それだけ効率よく電気エネルギーに変えることができるということです。
最近は17~18%前後の変換効率のパネルが目立ちます。
【パワーコンディショナーの変換効率とは】
直流電流を交流電流に変換する際の効率を示します。
発電した電気は「直流電流」ですが、これを電力会社との系統に流す際に「交流電流」に変換します。
パワーコンディショナーの変換効率が高いということはつまり、このときにロスが発生しにくいということ です。
最近は95%前後の変換効率のパワーコンディショナーが目立ちます。

このように、それぞれ「変換する対象」が異なっていますが、いずれも値が高い方が品質が良いと考えて問題はありません。

ただし後述もしますが、太陽光発電の設備品質を決めるものは変換効率だけではありませんので、導入設備を選ぶ際には変換効率以外の数値やデータ、特徴など詳細を確認しなければなりません。

各設備の変換効率は向上しており
2018年度も高利回りが可能

パネル・パワコン、それぞれの発電効率は、年々向上してきています。

反して価格はどんどん下がってきていますので、今の設備・コストであれば、2018年の売電単価(18円/kW)でも充分に高い利回りを実現することができるようになっています。

「売電単価が下がったから」といって諦めてしまうにはまだまだもったいないといえるでしょう。

注意!変換効率を落とすパワコンとパネルの組み合わせも

ただし、パネルとパワーコンディショナー、それぞれの変換効率は、設備の組み合わせによって変わってきます 。

パネルとパワーコンディショナーの組み合わせ次第によっては大きく変換効率を下げてしまうケースもあるのです。

良い組み合わせについては、熟練の業者であれば把握しているのですが、そうでない業者の場合は全くといってよいほど理解していないことがあります。

「とりあえず、同じメーカーにしておきましょう」というのは保証の観点から見ると間違ってはいないのですが、投資用として利回りを重視したい10kW以上の産業用太陽光発電の場合には、やはり品質や特徴、導入コストなども重視したいところです。
ですから、異なるメーカーの製品を組み合わせることも多々あります。

そんなとき、それこそ「保証がどうなるのか」「変換効率は落ちないのか」など、しっかりと設計時に考慮して提案してくれる業者を選ぶようにしましょう。

発電所の立地や条件に合わせて総合的に「良い」といえる設備選びを

発電効率は数値で表せるため、メーカーのパンフレットや業者の提案資料などにもよく記載されていると思います。

しかし先程も少しふれましたが、太陽光発電設備の品質を決めるのは発電効率だけではありません。
高温時の安定性、日影時の発電量、耐久性など様々な指標があります。
また、品質という形では表せないそれぞれの「特徴」もあります

それらをすべて加味して組み合わせを吟味しなければ、利回りを重視しした発電所作りは難しいと考えられます。

特に2018年FIT単価18円の今、発電所ごとに部材をカスタマイズできる業者知識が求められています
「パネルの変換効率も、パワコンの変換効率も抜群です!」と数値上の説明しかできない業者であれば、少し注意してみた方が良いかもしれません。

お問い合わせはこちら

関連記事

お問い合わせ

太陽光発電に関するあらゆるご相談・お見積りは無料です。
お気軽にお問い合わせください。

フリーダイヤル0120-010-015

資料請求・お問い合わせ