徳島県の中小企業対象、太陽光の金利1.7%!超低金利の融資を県が実施

2018.04.12

徳島県の中小企業の方、太陽光発電を始めるなら今!

徳島県は2018年4月6日、太陽光発電を含む事業設備に関して、低利率の融資制度を開始しました。

太陽光発電は1.7%の金利が適用されますので、徳島県での太陽光発電事業が非常に始めやすくなりました(特高は1.9%)。

徳島で太陽光発電事業の導入を検討中の中小企業様のため、詳細をご紹介します。

太陽光発電も融資設備対象です

対象となるのは、『温室効果ガス排出削減に積極的に取り組む県内の中小企業者』です。

もちろん、低圧・高圧・特高問わず、産業用太陽光発電も含みます

融資対象者

以下全てに含まれる中小企業

●中小企業者である
●県内に事業所を有している
●原則6カ月以上引き続き同一事業を営んでいる
●県税を滞納していない

対象設備

融資の対象となるのは、次の設備です。

(1)自然エネルギー等設備
(2)LED設備
(3)リチウムイオン蓄電設備
(4)次世代自動車
(5)電動バイク、電動アシスト自転車
(6)自家発電が可能な省エネ設備
(7)高い省エネ性能を持つ冷凍・空調設備
(8)エネルギー管理システム
(9)電気自動車充電設備
(10)燃料電池自動車水素供給設備
(11)省エネ設備

ご覧の通り、自然エネルギー設備も融資対象ですので、太陽光発電設備も含まれます。

1億円までの融資を受けられます

借り入れの限度額は1億円までとなっていますが、メガソーラーの場合は特別枠として2億円までとなっています。

太陽光発電を始めるにあたり、充分な額といえそうです。

融資利率は? 低圧・高圧は金利1.7%!

気になる融資利率(金利)と返済期間についてですが、以下のように設備別に設定されています。

•上記対象設備の1~3、6~11…利率1.7%以内(返済期間10年以内)
•上記対象設備の4、5…利率1.6%以内(返済期間5年以内)
メガソーラー等の特別枠…利率1.9%以内(返済期間15年以内)

低圧・高圧の太陽光発電の場合は1.7%が適用され、1000kW以上のメガソーラー(特高)特別枠の場合は1.9%が適用されるようです。
一般的なソーラーローンの金利は2.5%前後(2018年4月調べ)の物が多い中、非常に魅力的な融資利率と言えるでしょう。

申し込み方法は? 取扱金融機関一覧

当融資制度を受けたい中小企業の方は、以下の金融機関か、徳島県信用保証協会にて申し込みを受け付けてくれます。

【取扱い金融機関】

阿波銀行(徳島県徳島市)
徳島銀行(徳島県徳島市)
四国銀行(高知県高知市)
香川銀行(香川県高松市)
徳島信用金庫(徳島県徳島市)
阿南信用金庫(徳島県阿南市)
商工組合中央金庫(東京都中央区)

→ その他、本制度に関する詳細はこちら

日照量の多い徳島県! しかし、出力制御が不安?

今回の低利率融資は、徳島県が徳島の中小企業のために打ち出す融資制度です。
徳島県といえば、日射量の多い地域であり、太陽光発電に適した土地がたくさんあるエリアです。

しかし、思い浮かぶのはやはり出力制御への不安ではないでしょうか。

四国電力管内は、抑制への対応が求められる可能性が高い地域です。
出力制御装置の導入要請も行われています。

ですから「せっかくお得な金利で始められても、抑制がかかってしまったらと思うと不安」という企業様も少なくはないでしょう。

そこで、当協会から抑制エリアである徳島県におすすめの補償制度のご案内があります。

JCMAの出力制御補償なら、なんと免責時間ゼロ!

それは、「免責時間ゼロ」の『出力制御補償』です。

電力会社は出力制御による損失の補償は行ってくれませんので、ほとんどの発電事業者は一般企業が用意している任意加入の『出力制御補償』に加入しています。

通常この補償は「一定の免責時間」というものを設けており、「免責時間を経過した分の制御損失を一定の金額まで保証する」というものが一般的です。

つまり、例えば免責時間が80時間に設定されている補償プランの場合、[80時間以内]の制御時間であれば、損失分の補償はされないという事ですし、仮に110時間出力制御が行われた場合でも補償されるのは[110-80=30時間]のみとなります。
免責時間が設定されていると、その分の損失カバーをできる分が少ないというのが実態です。

そこで登場したのが、「免責時間のない」出力制御補償です。
このプランであれば、補償金額の上限までは出力制御が発生したときから補償が発生しますので、小さな損失であってもしっかりとカバーしてもらうことが可能です。

加入条件があるので事前にご確認ください

この補償プランに加入するには、次の加入条件があります。

•低圧の太陽光発電である
•東京電力・中部電力・関西電力以外の管内である
•動産保険に加入する(オプションでの加入)

この補償は単独で加入する補償ではなく、動産保険へ加入することで追加できるオプションの補償であるという事です。
この動産保険は災害補償と同程度の内容となっているので、メーカーの災害補償に入る必要はありません。

→ 出力抑制や免責時間ゼロの出力制御補償についてくわしく見る

徳島県の中小企業オーナー様、太陽光発電をお得に始めませんか

徳島の中小企業の皆様、低金利融資を受けられる今が太陽光発電を始めるチャンスです。
当協会にご相談いただければ、オプションで免責時間ゼロの出力制御補償にもご加入頂けますので、ぜひお気軽にご相談ください。

→ JCMAのお得なEPCプランについてくわしく見る

免責時間ゼロの出力制御補償が付けられる、当協会のEPCに関するご相談はこちらから

は入力必須項目となります。

お名前
メールアドレス
電話番号
希望連絡時間帯
設置箇所 屋根野立てその他
希望容量 kW程度希望
設置住所
※お決まりの方は市町村までご入力下さい

設置住所の図面は用意できますか? 図面は用意できます図面は用意できません
他社お見積り
※他社のお見積りがある場合添付して下さい。
お持ちの見積りよりお得なご提案をさせて頂きます。
お問い合わせ内容

太陽光発電の設置をお考えの方へ

よく読まれている記事