風さえ吹けば時間帯や季節に関係なく発電できる風力発電。
平成29年度の改正FIT法施行後も据え置きの55円(+税)と、高い売電価格が魅力です。
しかし、平成30年度には売電単価が下がってしまうかもしれないという声も多く、「始めるなら今」ともいわれています。

設置面積が小さくて済むのも魅力です。
40坪前後の小さな土地や、いびつな形をしている土地であっても、極端にいうと支柱1本を立てる面積があれば設置が可能です。

設置場所としておススメ出来るのは、『風速6.5M以上』で『周辺に民家が無い』地域。
好条件の土地を探すのは簡単ではありませんが、分譲の風力発電所もあります(詳細はお問い合わせください)。

ただし、太陽光発電に比べてリードタイムが長いのも特徴のひとつです。準備にしっかり時間をかける覚悟が必要です。
利回りに関して言えば現状ではまだ、太陽光発電の方が良いといえます。
風力発電は「新しい事業に取り組んでみたい!」という意欲がなければ始めるのは難しいと考えられています。
収支のみを考えるなら太陽光発電の方が良いでしょう。

一方で、前述のように小さな土地やいびつな土地など、太陽光発電に適していない土地でも事業を始めることが可能です。
そういった土地の活用方法として、太陽光発電よりも風力発電は適しています。

「実際の発電所を見てみたい」方は、青森にある小形風力発電所を見学することも可能です。お気軽にご相談ください。

風況調査・収入シミュレーション お問い合わせ
売電単価55円が値下げの危機!?

風力発電の基礎知識

初めての風力発電
風力発電事業を成功させるための事業イメージ


かかる費用
収入シミュレーション


日本住宅工事管理協会がオススメする風力発電機器のご紹介

機器について

C&F Green Enargy
XZERES(エグザラス)


風力発電について、よく寄せられるご質問

当協会では、風力発電が今後伸びていくと考え日々情報収集を行っております。
風力発電を検討しているがお悩みの方はもちろん、詳しい話をお聞きになりたい方は、お気軽に日本住宅工事管理協会へお問い合わせください。

風力発電問い合わせ

Copyright © 2014 Nichijuko All Rights Reserved. JMCAエネルギー|一般社団法人 日本住宅工事管理協会