ご相談解決事例

稼動中の低圧太陽光発電所を増設したいです

2017.07.25


去年連系した発電所を増設したいと思っているが、可能?

広島県42円案件稼働済み案件


低圧の太陽光発電所を4基稼働中です。
そのなかの1基を増設したいと検討しています。

しかし、昨年連系したので売電価格が変更になってしまうのかが不安です。
また、設置場所の地形が非常に複雑なため、架台もきれいに追加することができません。

以前の設置業者は、増設するためには高額になると言われ難色を示されています。

割高にならずに設置していただける業者を紹介して頂きたいです。

中国地方の会員業者さんをご紹介し、安心安全施工で増設できました

設備認定申請で認可されている出力数を増やすと、売電単価が現行価格になってしまいます。
そこでパワーコンディショナは増やすことなく、パネルのみを増設する過積載で売電単価を維持することになりました。

まず既存パワコンの仕様を確認し、どれくらいパネルが追加できるかを計算します。
さらにその枚数まで増やしても保証が下りるかどうかも、きちんと確認します。

設備認定は変更申請をかけ、認可が下りてから工事会社さんに見積依頼しました。

なるべくコストを下げたいというご希望のため、自由設計のしやすい単管架台を採用。
搬入搬出作業や、荷受け作業等は施主様にしていただくことで、工事費用を大幅にコストダウン。
納得のいくまでメーカーと価格交渉を繰り返しました。

結果、申請関係もスムーズに進行し、保証面も据え置き、工事費もお安く済みました。

どんな些細なお悩みでもJCMAにお任せ下さい。

JCMAエネルギーでは、太陽光発電の設計から、申請手続き・部材購入・施工・メンテナンス全ての工程で
ご相談をお受けいたします。第三者機関として、中立的な立場からご相談者様の不安と向き合い、最善のご提案を
させて頂きます。

太陽光発電に関する、お悩みのある方は、お気軽にお問い合わせください。


※ご契約済みのご相談には当協会も介入出来かねます。必ずご契約前にご相談ください。
※同じ内容でのご相談であっても、地域や案件によって解決法は異なりますのでご注意下さい。