太陽光発電の権利付き土地をお持ちの方へ

太陽光発電の権利、高価買取いたします!

太陽光発電の権利を眠らせている方、今が復活のチャンス

権利付き土地の活用を賃貸か売却か検討中の方へ

FIT法改正法の施行により、平成29年3月31日までに接続契約を締結されていない場合その権利が失効となってしまいます。
当協会では太陽光発電所の設計からアフターサポートまで行っており、連日全国からお問い合わせを頂いております。
権利付き土地を賃貸にするか、売却するかお悩み中の方はまずお問い合わせ下さい!

賃貸売却

賃貸にした場合のメリット・デメリット

メリット 賃料に加え、当協会からの礼金が収入になる

デメリット 賃貸として契約後、途中解約が難しい・20年後の処分(撤去費)などの問題になりやすい

権利付の土地を賃貸にした場合(例)

賃貸

売却した場合のメリット・デメリット

メリット 最小限の手間で売却費用に加え、当協会からの礼金が収入になる

権利付の土地を売却した場合(例)

売却

お問い合わせフォームはこちら

権利取得済の土地に太陽光発電所を設置した場合のメリット

部材費用・工事費用が大幅値下がり。高い利回りが期待できる!

一度太陽光発電を考え、設備認定を取得した方の中には、結局事業を開始しなかったという方も多いようです。
これは、いざ権利を得ても、当時の設備はまだまだ高かったことが理由の一つと考えられています。

確かに、部材・工事費用が高かったり、専門用語が難しかったり、なかなか導入に踏み切るのは難しいかもしれません。
ですが、実は部材・工事費用はかなり下がってきていることをご存知でしょうか。

固定買取価格制度が始まった2012年以降、太陽光業界はいっきに盛り上がり、これを機に値下がりが始まりました。

では、どれくらい下がったのでしょうか。パネル(モジュール)費を参考に見てみましょう。

部材費用・工事費用が大幅値下がり。高い利回りが期待できる

太陽光の設備費用は、依頼する業者や選んだメーカーにより様々ですが、設備費用のうち4割程度を占めると言われており、まずはパネル費用の推移を把握することをおすすめしています。

固定買取価格制度が開始された2012年から現在までの間に、パネルの1kWあたりの平均単価は下がっており、現在と比較すると3~5万円程度下がっているという声が多いようです。これを50kW分に換算すると150~250万円もの価格差になります。

日本住宅工事管理協会では、専門のスタッフが事業主様の事業プランをしっかりとお伺いし、そのうえで適切な施工プランをご提案しています。

27円以上という高い売電単価の頃の権利をお持ちのまま、初期費用が安くなっている今、太陽光発電を始めれば、その分高い利回りに期待することができます。

その2 過積載など最適な提案で利回りアップ

年々売電価格が下がり続けている再生可能エネルギー事業。
「もう、太陽光発電事業は終わった」と思っている方も多いようですが、実はまだまだ利益を上げられる方法が残っていることをご存知でしょうか。

それが、過積載という方法です。
過積載とは、50kW未満の低圧の発電所に80-100kW近くのパネルを設置するというものです。パネルの容量を増やすことで、日照量が少ない時間帯の発電量を増やすことが出来ます。

過積載を行えば、これまでの売電価格以上の利益を見込むことが出来るようになります。

日本住宅工事管理協会では過積載の発電所に対しても適切なサポートを行うことができますのでご不明なことや不安なことがありましたらいつでもお気軽にご相談下さい。

過積載など最適な提案で利回りアップ

お問い合わせフォームはこちら

お問い合わせフォーム

お問い合わせは下記フォームまたはお電話にて承っております。
内容を確認させて頂き、2営業日以内に折り返しご連絡させていただきます。

お電話でのご相談は、0120-010-015までお願い致します。(受付時間 9:30~18:30 / 土・日・祝休)

は入力必須項目となります。

内容 賃貸売却
お名前
フリガナ
電話番号
メールアドレス
希望連絡方法 電話メール
希望連絡時間帯(電話希望の方のみ)
※平日9:30-18:30の間でお願い致します
土地住所
売電価格
お持ちの図面
備考

ページトップへ戻る