施工業者切り替えサポートのご案内

日本住宅工事管理協会の太陽光工事業者の切り替えサポート

今の業者と20年間お付き合いできますか?

12月に入ってから、駆け込みでの設備認定申請数が目立つようになりました。
駆け込み需要自体は当初から想定されていたことなのですが、昨年と異なり今年は次のような相談が非常に増えています。

「設備認定は取得してもらったが業者を変えたいので何とかしてほしい」

このような相談をいただく理由は一貫して設置業者に対しての不信感です。
32円の設備認定を取得するためにうその話したり、金額をとにかく安く提案しておき、設備認定を取得してから再度見積もりを提出し高額な金額を再提案すること、いざ設置を行う段階で連絡がつながらなくなったなどがあります。

当協会では太陽光発電事業を成功させるためには、事業者様と設置業者がしっかりとタッグを組むことがもっとも重要と考えているため、このようなご相談をいただくと優良と考えている会社のご紹介を行っております。

設置業者の乗り換えは得に問題があるものではないのでご不安に考えられている方はお気軽にご相談下さい。

設置業者の乗り換えの心構え

設置業者の乗り換えは違法なものでも何でもなく、業者を選ぶことが出来る事業者様の権利ではありますがきちんとした段階を踏まないと余計なトラブルになることがあります。

何より一番気をつけないといけないのが今の業者との関係です。
設備認定を今の業者にお願いをして、その設備認定を使って他の業者に設置をお願いするときにもっともトラブルが起こりやすいです。

当協会は設備認定のあり方を次のように考えています
① 設備認定は事業者様のもの
② 設備認定の取得を行う業者はあくまでサポートを行っている

つまり、設備認定は事業者様に認められた権利なので所有権はあくまで事業者にあり、手続きを行った業者はあくまでサポートを行っただけのこと。

これらの考えに基づき設置業者の乗り換えのお手伝いをさせていただいておりますが取得のサポートを行った業者の中にはこのように考えておらず、設備認定は事業者様と設置業者共有の物と考えている業者も少なからずいます。

このような場合、勝手に業者の変更を行うと嫌がらせなどを受ける可能性も十分にあります。(実際に少なくない数事例があります)

そのため、設置業者の乗換えをためには今の業者に対しての配慮が非常に重要になってきます。
どのように伝えるのが良いのかについて正解はありませんが、設置業者も何かしらの手間をかけて設備認定などを行っているということを考えてしっかりと話すことが重要です。

乗り換えを行ってきた相談の中には業者が認めなかったことが数回あります。
このような場合でも基本的には業者の乗り換えは可能です。
実際の方法などに関しましてはお気軽にお問い合わせ下さい。

設置業者乗り換えの実際の流れ

現在の業者ときちんと話をして理解をしてもらえたらいよいよ具体的な方法です。
設置業者があるということは既に見積もりなど予算が明確になっている状態だと思います。

乗り換えの場合重要な点は次の3点です。

① 現在提示されている金額で対応が可能かどうか?
② 設備の仕入れはどうするのか?
③ 本当に信頼をすることが出来る業者であるのか?

① 工事金額に関して

乗り換えの場合、まず懸念になる可能性が高いのが価格です。
よほど何かしらの理由がない限り、設置費用の価格は明確になっていると思います。

事業者様側からすると、資金計画などを現在の価格で行っているので可能な限り同じ金額で工事をしてほしいと考えられると思います。

乗換えが上手くいくための秘訣としては現在の価格より、下げるために価格を隠して探りをいていくというよりは手の内をさらけ出し対応が可能な業者を集めてそこから選定を行うほうが早く決めることができます。

② 設備の仕入れに関して

今の業者に仕入れまでを依頼している場合、軽微変更でメーカーの変更をすることが出来ないため、同じメージャーの仕入れを行ってもらう必要があります。

設置会社が設備認定で指定しているメーカーの取り扱いがあり、安く仕入れることが出来る場合は得に問題はないのですが問題は仕入れが出来ない場合です。

このような場合、当協会が行っているような資材のみを販売しているところから事業者様が仕入れを行う必要があります。
もちろん仕入れも現在の価格があるのでその価格よりも極端に高くなってしってはいけません。

しっかりと情報収集を行ってから仕入れを行うようにしましょう。

③ 信頼できる業者なのかどうか?

そもそも信頼できる業者とはどのような業者をさすのでしょうか?
当協会の考え方は次の通りです。

① 事業者様の利益を最優先に考えて提案を行ってくれる
② 20年間のお付き合いが出来る(会社の存続も含め)
③ トラブルなど対応が必要になったときにきちんと対応を行ってくれる

得に太陽光発電事業は20年間続くことが前提の事業ですので②の20年間のお付き合いが出来る業者というのが一番のポイントと考えています。

会社の存続はもちろんのことですが何かわからないことや不安になったときにすぐに相談が出来るということが大事です。

太陽光発電の設置事業を行っている会社の中には会社の目先の利益だけを追い求めている企業も多いと聞いていますので業者選びは非常に重要です。

当協会が認定した指定優良業者をご紹介させて頂きます!

日本住宅工事管理協会は様々な工事を管理している協会で太陽光発電所の設置工事に関しても第三者の立場で様々な業者の工事を見てきました。

工事レベルの高い業者が会員として全国にいますので全国どのような地域でも皆様がご希望されるような施工がきちんとできる業者をご紹介することが出来ます。

現在の業者に不安を抱えている事業者様にとって一番大切なことは心から信頼できる設置業者をご紹介することが私たちに求められていることだと考えていますので、第三者の立場から事業者様に一番合うと考えられる業者をご紹介させていただきます。

設置業者の乗換えをお考えになられている方はお気軽に日本住宅工事管理協会へお問い合わせ下さい。