太陽光発電システムのメンテナンス

長く安定的に発電するにはメンテナンスが重要

太陽光発電システムはメンテナンスフリーとよく言われますが、決してメンテナンスがいらないという事ではありません。20年以上稼動し続けるので予想外の故障やトラブルなどが起こってしまいます。一番多いのは汚れなどによる発電量の低下です。
産業用太陽光発電ではトラブルや故障などが起こり、長期間気づかなかったりすると収支計画に大きく支障をきたしてしまいます。

パネル部分はよくても架台・集電盤・延長ケーブル・パワコンなど太陽光発電システムには様々な機器が設置されており、いずれかの機器にトラブルが起こることでも同様に収支計画が変わってしまったりします。

このようなトラブル回避のためにメーカーでは定期点検を行ったり各種保証を付けています。(保証については太陽光発電の保証をご確認ください。)

設置場所の環境によってメンテナンス方法が異なりますので、詳しくは販売店になどに事前にお問い合わせ下さい。もちろん日本住宅工事管理協会では皆様からのご相談を承っております。

メンテナンスで行うこと

各メーカーが行っているメンテナンスには次のようなものがあります。

部位 点検項目 部位 点検項目
太陽光電池架台 目視 モジュール表面の汚れ、キズ、破損 パワーコンディショナ 目視 外箱の腐食、破損
モジュールフレームの破損、変形 接地状況
架台の腐食、サビ 配線ケーブルの損傷、端子の緩み
ケーブルの破損 接地線の損傷、端子の緩み
接地線の接続および、接続端子の緩み 自立運転機能
コーキング 通気確認
屋根葺材の破損 運転時の異常音、振動、異臭の有無
屋根裏確認 整定値の確認
配電線管(PF管)の破損 発電状況
測定 架台接地確認 表示動作確認
モジュール解放電圧測定 発電状況
モジュール系統ごとの短絡電流測定 測定 パワコン接地確認
接続箱 目視 外箱の腐食、破損 投入阻止時限タイマー動作確認
配線ケーブルの損傷、端子の緩み 絶縁抵抗測定
接地船の損傷、端子の緩み
測定 絶縁抵抗
接地確認
系統毎の解放電圧測定

メンテナンスを設けていないメーカーもありますので気になる方はお気軽にご連絡ください。

太陽光発電のメンテナンスを専門で行う業者そご紹介します。
メンテナンス業者はモジュールの洗浄や通常点検以外の点検を行うことで、故障などを早期に発見に役立ったり安定的な発電を行えるサポートを行っています。メンテナンスがついていないメーカーのパネルを考えられている方やメーカーのメンテナンスに不安がある方はご検討してみてはいかがでしょうか?

メンテナンスのご相談も日本住宅工事管理協会へご相談ください。

メンテナンスに関連のあるコンテンツ