一般社団法人 日本住宅工事管理協会
発電量が落ちるトラブル発電量回復のポイント発電量回復フローお問い合わせ
あなたの発電所発電量下がっていませんか?実は4人に1人が発電量の低下を感じています。あなたの発電所は大丈夫ですか
発電量はチェックすることで下がった発電量を回復することができます。お見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら

20年間で数百万円以上の損失になります!

このまま発電量が下がりっぱなしだと今後の収支が大きく狂ってしまう

太陽光発電量のことならJCMAにおまかせ!

発電量の低下原因チェック発電量はチェックすることで下がった発電量を回復することができます。お見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら

JCMAの発電量低下に対する発電所チェック項目

機器区分区分項目点検内容
モジュール・架台 目視 モジュール外観ガラス割れ・フレーム変形・破損・付着物がないかの確認
バックシート側ケーブルの傷・亀裂・コネクタの損傷・緩みがないかの確認
架台外観架台の変形
作業架台増し締め施工時の締結部位で全体数の約10%を抜き打ちで増し締め確認
測定IR測定サーモグラフィーによるセル単位での蓄熱・ホットスポットの有無確認
接地抵抗測定 ※1設置状況に異常がないかの確認
接続箱目視外観ぐらつき・縫い合わせ部位の緩み・防水処理・傷などの有無確認
作業端子台端子台のネジの締結確認
測定 IR測定端子部位を中心に発熱確認
絶縁抵抗測定モジュール~接続箱間の配線材の絶縁状況確認
接地抵抗測定 ※1接地状況に異常がないかの確認
開放電圧測定開放電圧の確認
IVカーブ測定 ※2ストリングス単位での不具合箇所の有無確認
パワコン目視外観傷・変形がないこと・防水処理・フィルターやファン部位に異常が見受けられないことなどの確認
稼働状況通常運転している・エラーがないこと・異音異臭のないことの確認
作業端子台端子台のネジの締結確認
測定IR測定端子部や内部機器の発熱異常がないことの確認
接地抵抗測定 ※1パワコン~接続箱間の配線材の絶縁状況確認
集電箱目視外観ぐらつき・縫い合わせ部位の緩み・防水処理・傷などの有無確認
測定IR測定端子部位を中心に発熱確認
絶縁抵抗測定接続箱~集電箱間の配線材の絶縁状況確認
接地抵抗測定 ※1接地状況に異常がないかの確認

【備考】

●  発電または売電の停止作業になります。停電時間は別途打合せになります。
※1 接地工事が行われている箇所での測定となります。
※2 異常が見られた場合、対象ライン内の接続箱の電圧確認を行い原因を追究いたします。
   接続箱が無い場合はパワーコンディショナーでの確認となります。
※  お施主様のシステム内容によって、上記項目の該当機器が無く一部点検不要となる場合がございます。
※  上記点検内容には詳細調査・是正・補修・修理などは含まれておりません。
※  点検時期は基本的に連系後に打合せの上、実施させて頂くものといたします。

発電量を回復させる3つのポイント

発電量はチェックすることで下がった発電量を回復することができます

発電量を回復させるために行うこと

原因を取り除くことで、20年間では数百万円のロスを未然に防ぐことができます発電量はチェックすることで下がった発電量を回復することができます。お見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら

シミュレーションと発電量を比較しましょう

シミュレーション数値よりも「あれ…少ないな」と思われていた方は、発電所に何か問題がある可能性があります発電量はチェックすることで下がった発電量を回復することができます。お見積もり・ご相談・お問い合わせはこちら
月単位で発電量を比較できない場合や発電シミュレーションをお持ちでない場合、当協会で作成することも出来ます

お問い合わせから運用までの流れ

ヒアリング時に様々な資料をご提出していただくと話がスムーズになります
発電シミュレーション・充電明細・パネルの割付図面、これらの資料をご用意ください

お問い合わせフォーム