堅実に投資利益を得る-JCMA産業用太陽光

JCMA産業用太陽光

太陽光発電投資のメリットは、なんといっても『低リスク』『長期安定』『高利回り』の収入が得られること。

太陽光発電で作った電気を買い取ってもらえるよう固定価格買取制度の認定をとれば、1kWの売電単価を認定時から20年間変わらず国が保証してくれます。

このため、FX(為替)や株のように流通単価の変動がなく損失リスクが低くなり、国債や銀行利子などよりずっと高い利回りで収入を得ることができるのです。

しかし、制度で定められた20年間の期間を通じて利益を上げる方法ですので、初期投資時のリスク想定が重要です。
太陽光発電の普及とともに売電単価や制度が変わりゆき、想定されるリスクの幅も種類も増加しつつあります。

発電所運用が将来にわたりどんなことが起こりうり、予め何を備えておけば良いのか?

JCMA産業用太陽光は材料・工事・その他トータルサポート体制を充実し、協会運営だからできる、ご相談者様が堅実に投資利益を得られるプランをご提案いたします。

セット内容

JCMA産業用太陽光

  • 太陽光パネル
  • パワーコンディショナ
  • アルミ架台・スクリュー杭
  • 遠隔監視装置
  • 出力制御ユニット
  • ケーブル一式
  • 基本設置工事
  • 基本電気工事
  • フェンス
  • 責任者連絡先看板
  • O&M一年分
  • 無料完工チェック

※太陽光パネル、モジュールのメーカーは下記からお選び下さい。

JCMA産業用太陽光プランは、安心・確実といった太陽光発電のメリットを最大限に発揮できる充実内容。

●改正FIT法に必要な部材が全て入っている
●出力抑制対応機器が全て入っている
●抑制が始まってから加入できる出力抑制補償がある(災害補償加入へのオプション)
●無料完工チェックで稼働後のトラブルを防げる

といった、他にはないラインナップ。
それでいて、最安値は1kWあたり145,000円(税抜)~と驚きの低費用でしっかり利回りも確保できます。

オプション
  • 各種付帯工事
  • 災害補償
  • 売電収入補償
  • 出力抑制補償

※売電収入補償、出力抑制補償は災害補償加入者へのオプションとなります。
※出力抑制補償は稼働後でも任意の時期からの加入が可能です。

取り扱いメーカー

最安値 145,000円(材料工事込み1kWあたり/税抜)から、それぞれメーカーにより価格は変動します。
当協会では、下記以外にも様々なメーカーを取り扱っております。
ご希望内容をお問合せの上お申し付けください。

※どのメーカーを選べばわからない方でも、施主様の土地・環境に合った最適なメーカーをご提案致します。

モジュール
人気
オススメ
その他
パワコン
人気
オススメ
その他

第三者業者の完工チェック付き

画像1
当協会で工事をご依頼いただいた発電所には、無料完工チェックがついています。

これは、工事を行った会員業者ではない、大手太陽光保守業者が第三者機関として施工不備がないかを点検してくれるものになります。チェック結果は詳細なレポートにまとめられ、施主様にご提出いたします。

無料完工チェック・レポート内容についてはこちら>>>

これにより、稼働前にトラブルを未然に防げたり、稼働してからのトラブルでも原因究明の助けになります。

FIT制度の最新状況に合わせてお見積り

画像1
平成29年度から、売電を行う太陽光発電は改正FIT法に則り、これまでの設備内容に加え、設備の保守・点検や、責任者所在の明示などが義務化されました。

それにより「設備に人が入らないように」「指定内容を記載した看板を設置すること」などの条件を満たすため、用意しなければいけない部材の種類も増えています。

改正FIT法の詳細についてはこちら>>>

JCMAエネルギーの材料・工事込み産業用太陽光は、それらの改正FIT法に必要な内容が全部含まれているのは当たり前。

加えて、出力抑制対応機器や、設置工事は協会の厳格な施工規定をクリアした優良企業が行う確実性、その上設置完了後は第三者による無料完工チェックもついてくる、他にはない安全性の高い内容です。

高精度20年収支シミュレーション

JCMA産業用太陽光
太陽光発電のリスクマネジメントは、何よりまず「どれだけ発電していくら売電できるのか?」をシミュレーションします。

そこから総利益額を計算し、メンテナンスや保証、融資の返済利子など必要経費を差し引きし最終利回りを確認するのですが、最近はこの発電量シミュレーションへの注意喚起が増えています。

その理由としては、過積載設計が増えたことです。
年々、売電単価が値下がりしていく中、従来設計より積載量を増やす=発電量を増やして高利回りを確保しようという方法が現在の主流となっています。

過積載の仕組について詳細はこちら>>>

しかし、従来設計と過積載設計の違いを理解せず誤った発電シミュレーションを使用したため、信頼性の低い運用計画を参考にされている方が、当協会のお見積り比較などからも数多くお見受けしております。

JCMAエネルギーでは、過積載設計に関してケーブル一本に至る部材レベルから設計を行える専門スタッフがご相談をお受けしております。

設計内容を熟知した過積載専用の発電シミュレーションを採用しているため、20年間の運用計画、利回り計算なども高い精度で作成し、ご相談の際にご提供しております。

過積載の陥りやすい罠

画像1
注意すべき過積載の発電シミュレーションとは ≪過積載であるにも関わらずピークカットを行っていないシミュレーション≫ のことを指します。

過積載とは、

①パワーコンディショナの容量を超えて発電し、
②余った電力は捨てる(ピークカット)ものの、
③総発電量を増やそう=売電量を増やそう

という考え方です。

反して、従来設計は出来る限りピークカットを行わないようにする方法であり、従来設計用の発電シミュレーションでは基本的にピークカットを考慮しない単純な計算を行うものになります。

過積載の発電シミュレーションでは必ずピークカット以上の電力を捨てることになりますから、従来システムに加えピークカット電量を計算して差し引くステップが必要になります。

このことを理解せずに従来の発電シミュレーションで過積載の発電シミュレーションを行うと、本来捨てるべき電量まで解に含んでしまい過剰な数値を答えとしてしまう誤算が生まれるのです。

発電シミュレーションが間違っていれば、その後の利益想定にもズレが生じてきます。

マイナスへのズレならまだ「稼働したら思ったより利益が出る」と良い結果になるのですが、
プラスへのズレなので実際には「もっと利益が出る筈なのに少ない、困る」となるのが怖い所です。

“最適”積載量というものがあります

画像1
過積載は設計でいえば、パワコンの性能上限までパネルを搭載した最大過積載率で、目一杯発電量の底上げをしてやるのが、最も発電量が増えることになります。

実際その通りではあるのですが、パネルの枚数を増やす程発電量が右肩上がりになる…訳でもありません。

ある一定のラインまでは調子よく発電量が増加していきますが、一定以上になると発電増加率は徐々に落ちていくのです。原因は、発電所を設置した『地域の日照量』に関係します。

一定の土地の広さで受けられる日照量には限度があり、また、ある地域で獲得できる日照量もその気候により限度があるのです。そのため、その限度以上に過載を行っても、費用の割には発電増加率が少なく、一つランクを下げた設計の方が費用対効果が大きいということがよくあります。

当協会からお出しする設計は、全てこれらの地域による日照量を考慮し、設置面積や条件に合わせた、ご相談者様だけの最適設計になります。

設計&部材選び&工事技術の連携が重要

画像1
また、過積載のトラブルといえば、もう設置工事を完了し、いざ電力連携を行ったらパワーコンディショナがすぐ壊れた、あるいは頻繁にブレーカーが落ちてしまうという事例です。

これも従来設計の意識のまま、過積載設計を行ってしまった結果なのですが、今度は設計やシミュレーションという机上の話ではなく、実際の機器知識と施工技術が関係してきます。

度々お伝えしておりますが、過積載は従来設計よりパネル量を増やし発電量を増やす方法です。言い換えると、従来設計よりもシステム全体にかかる電圧が非常に高くなる特徴のある設計なのです。

そこを理解せず、従来の意識のままコストカット先行の機器選び・設置工事を行えば、計画に無理が生じるのは当然です。

JCMAエネルギーでは、全国の会員ネットワークから集まるトラブル事例から傾向と対策を議論し、再び協会ネットワーク内で共有。当協会ならでわの安全な太陽光事業のスタートを可能にします。

JCMAは”予想外”のない売電事業をサポート

JCMA産業用太陽光
ご相談から設置工事、メンテナンスまでJCMAエネルギーは、第三者ご相談機関として低コストでありながら、安全性、確実性を高めたご提案を心がけております。

物を売るため多少の難に目を瞑るのではなく、予想されるリスクについては全てご相談者様にご説明をして、必要なコストと削減すべきコストを区別しお見積りしております。

抑制地域も心配なし売電補償案内可

画像1九州電力・四国電力にて、電力会社による出力抑制に対する設備入れ替え要請が発表されています。電力出力抑制は、太陽光発電が普及するに従い全国の電力会社に波及していくものです。

今後広がっていく抑制地域に対しての備えを考えていかなければなりません。
当協会では、免責時間のない、他所とはカバー力の違う抑制地域対応の出力制御補償(売電補償)への加入が可能です。

融資利用もご案内可能

画像1
これまで大変ご要望の多かった、提携融資のご案内が可能となりました。

今まではご発注に関して、完全前払いのみのご利用をお願いしており、皆様には大変ご不便をおかけしておりましたが、この度当協会からでもクレジットローンのご利用が可能となりました。

ご利用希望、詳細内容についてはお問合せください。

専門アドバイザーがご相談をお伺いいたします

画像1
JCMAエネルギーは、何より、太陽光発電の第三者ご相談機関として部材・設計・工事・補償・メンテナンスまでトータルでサポートできるスタッフへご相談いただける点です。

偏った知識なくご相談の一件一件、ご要望・ご状況をしっかりお伺いしカウンセリング。手続きを含んだ丸ごと依頼も、難しい設置もコストを抑え、更に安全性も確保したプランをご提案いたします。

どうぞお気軽に、ご相談ください。