フェンス

フェンス設置の実質義務化

改正FIT法により、野立ての太陽光発電システムにフェンスの設置が実質義務化されました。
フェンスの設置をしていない野立ての既設案件へも導入が必要になり
これから太陽光発電システムを設置予定の案件ももちろん設置しなければなりません。

もしこれらを守らなかった場合、改善命令が出され、改善しなかった場合は
認定取り消しとなってしまう可能性があります。

まだ、フェンスを設置されていない方は、早期で設置の検討をする必要があります。

 

フェンス設置の重要性

改正FIT法により電気事業法が適用されるようになりました。
そのため、第3者がむやみに太陽光発電設備に近づくことがないように、
適切な措置を講じなければなりません。

下記3つのポイントにお気を付け下さい。

●外部から触れられないように、パネル等の発電設備と十分な距離をとること
●容易に立ち入ることのできない高さの柵塀等を設置すること
●金網等、第三者が容易に取り除くことができないものをつかうこと

また、トラブルがあり調査が入ったときにフェンス等を設置していなければ、
過失とみなされる場合があります。

当協会では、上記のことを勘案したときにフェンス設置を強く推奨しております。

 

当協会が取り扱う太陽光発電所フェンス

3つのメリット
●打ち込み支柱で施工が早くてラクラク
●見た目にも美しい白色コーティングの高耐久性
●品質保証・JQA認証

高さ 1,000mm ~ 2,000mm
2,000mm
忍び返し 既存の支柱に忍び返しを付けることも可能です。
支柱(ポール) 打ち込み式の丸型支柱を使用。打ち込みに耐える十分な肉厚の支柱です。
表面処理 白色ディップコーティング
幅1m~1.5mの片開き扉、幅2m~4mの両開き扉

 

 

 

WMフェンス

WMパネルシステム・太陽光パネル販売

WMフェンスの特徴

低価格のWMパネル
高い耐久力のWMパネル
自分でできる簡単施行のWMパネル

WMフェンスのご紹介

特徴

WMフェンスの最大の特徴は低価格で設置が出来、簡単に設置が出来ることです。

多くの電力会社が太陽光発電所にはフェンスの設置を義務づけています。

最大の特徴である、低価格で簡単に設置が出来るWMフェンスは太陽光発電事業で出来るだけ多くの収益を上げたい事業者様にとって最適な商品です。

自分で設置も可能ですので1mあたり平均1万円前後かかるフェンスの設置を部材代金だけで施工することも出来ますし、フェンスの価格が安く、施工が簡単なため、業者に依頼を行ったとしても1mあたり約6,000円程度で施工をすることが出来ます。(1.2mタイプのもの)

WMフェンスはもともと獣害対策用のフェンスとして販売されていました。太陽光発電事業者様からの希望を受けてこのたび太陽光発電事業用に改良を行い販売しています。

イノシシや鹿などの侵入を阻止することが目的の獣害対策として設計されているため、耐久性はどのようなフェンスにも劣っておりません。

その秘密はフェンスの強度を最大にすることが出来る設計にあります。

フェンスの強度を高めることコンクリートで基礎を組まなくても十分な強度を持たせることが出来ます。

基礎を組まなくても十分な強度を確保することが出来るため、誰での簡単に設置することが出来るようになっております。

WMフェンスはまさに太陽光発電事業で収益を最大にしたい事業者様にもってこいのフェンスと言えます。

商品ラインナップ

MWパネル2m MWパネル1.2m 門扉 両開き 門扉 片開き
フェンス価格表