ソーラーシェアリングについて

ソーラーシェアリングについて

農地にも太陽光発電システムの設置ができるソーラーシェアリングをご存知ですか?

ソーラーシェアリングを間単に言いますと農業に悪影響を及ぼさないことを前提に太陽光発電を設置許可するものです。

農林水産省は2013年3月31日にソーラーシェアリングに対する指針として、農地に支柱を立てて営農を継続しつつ、太陽光発電システム等の「営農型発電設備」を下記8条件の下、適切な営農の継続が確保されて、周辺の営農に支障がないことを前提に設置を許可することを発表しています。

これにより甲種・第1種の農地にも太陽光発電の設置が可能になります。

以下要約になります。

【参考】農水省資料:支柱を立てて営農を継続する太陽光発電設備等についての農地転用許可制度上の取扱いについて

上記の条件のもとソーラーシェアリングは許可されています。

ソーラーシェアリングのメリット

ソーラーシェアリングは農作物の収穫に悪影響を及ぼさず、営農による収入と売電による収入を得ることによって経済的に大きなメリットがあります。経済的なメリット以外にも様々なメリットがあることをCHO研究所は提唱しています。

【参考】CHO研究所が発表した資料より抜粋

ソーラーシェアリングで気を付けないといけない点

ソーラーシェアリングは新しい技術のため実証データがまだまだ少ないです。そのため次のような点に気を付ける必要があります。

ソーラーシェアリングを検討する場合これらの点を気を付ける必要があることを抑えましょう。

ソーラーシェアリングで安定して収益を上げ続けるには

産業用の太陽光発電や一般住宅用の太陽光発電と同じように良い業者を探すことがとにかく重要です。(業者選定に関して参考)産業用や一般住宅用と違う点があるとすれば、先ほどあげたように実績がまだまだ少ないです。そのためノウハウや実績を持った企業がまだまだ少ないです。

日本住宅工事管理協会ではソーラーシェアリングを行う際の業者選びのポイントとして

  • 親身になって相談に乗ってくれているかどうか?
  • しっかりと調べた上で話をしてくれているか?

上記2点を通常の選び方と合わせて業者の選定をすることを進めています。

ソーラーシェアリングの仕組み

光飽和点とは

植物がこれ以上光を浴びてもこれ以上光合成をすることができないという値を光飽和点といいます。ソーラーシェアリングを実施する際には農作物の光飽和点を知ることが必要です。

下記図は代表的な光飽和点になります。

各種植物の光飽和点・光補償点

参考URL

農林水産省ではソーラーシェアリングを行うに際して周辺農家の平均収穫量の8割以上を維持することとしていますので光飽和点を参考に太陽光発電システムの設計を行う必要があります。

ソーラーシェアリングに関連のあるコンテンツ


ページトップへ戻る