産業用太陽光発電に適した土地

太陽光発電に適した土地とは

遊んでいる土地はありませんか?

太陽光発電なら固定価格買取制度を活用して、安定した収支を得ることが可能です。
どのような土地が太陽光発電に向いているのでしょうか?
6つのポイントにまとめましたので遊休地やご検討している土地をチェックしてみましょう。

設置に際してのポイント

ポイント1北側を除き日差しを遮る物体が何もない

太陽光発電の一番の敵は影です

近くに建物や木などが立っていて影ができないかどうかを確認しましょう。
今はなくても将来的に建物が建つ可能性があるかどうかも確認しましょう。
樹木があった場合、造成するため追加の初期費用がかかってしまいます。

ポイント2価格が安い土地

二束三文な土地ほど太陽光発電に向いています。

土地を新しく取得する場合、高くても1万2千円程度に抑えた方が良いといわれています。
50kWの発電を行う場合200坪程度の土地が必要になります。

ポイント3地盤が固い土地

地盤が弱い土地の場合、造成のための地盤工事に大きな費用がかかってしまいます。
地盤は固い土地を選ぶのが望ましいです。
ただし、地盤が固すぎると施工の妨げになるので事前に調査を行うことが重要です。

ポイント4日照量が多い土地

太陽光発電は太陽光エネルギーを電気に変換します。そのため太陽が良くあたる方が効率よく発電ができます。NEDO日照量データーベースシステムで全国の日照量を確認することができますので確認して見ましょう。

ポイント5固定資産税が安い土地

地目が「山林」「原野」「雑種地」「宅地」等になっているのは費用が安く狙い目です。

ポイント6近くに電柱がある

太陽光設備と電柱の距離が遠くなってしまうと、接続距離が長くなってしまい、その分費用が高くなってしまいます。
できるだけ電柱が近くにあることが好ましいです。

ポイント7塩害エリア外の土地

太陽光発電システムは電気なので潮風に弱いです。
海水が直接かからなければ設置は可能ですが、長年運用していくものですので、できるだけ潮風などの影響を受けない場所が望ましいです。

どれくらいの土地が必要なのか?

野立ての場合太陽光発電システムを設置する場合、ある程度まとまった土地が必要となります。
パネルの種類や傾斜角度によって必要な土地面積は変わってきますが、50kwのシステムで約200坪程度の広さが必要になります。

土地を貸す・土地を売る

太陽光発電は初期投資に大きな費用がかかります。
上記に該当する条件の土地を持っているが自分での設置は考えていないのでしたら、土地を貸し出すもしくは売却を行ってはいかがでしょうか?

太陽光発電で十分な発電量が確保できる土地ですと、通常の相場より高く売却することができます。

日本住宅工事管理協会では土地の調査も無料で行っています。土地はあるが太陽光発電に向いているかどうかわからない、などのお悩みをお持ちでしたらお気軽にご相談ください。

協賛会員が無料にて調査にお伺いさせていただきます。また、土地を貸したい、売りたいと考えられている方もご相談いただければ設置をご希望の方とのマッチングを図らせていただきます。お気軽にご相談ください。

産業用太陽光発電に適した土地に関連のあるコンテンツ

ページトップへ戻る