遊休地の買取相談をご利用ください

遊休地の買取相談をご利用ください

JCMAエネルギーでは、未使用で固定資産税だけ毎年発生しているような土地の活用、買取相談を行っております。
不動産屋さんに相談はしているけれど、一向に買い手・借り手がつかないという土地でもご安心ください。

JCMAがお預かりした土地は、太陽光発電・風力発電などの需要の高い活用方法でリニューアルし、普通の不動産屋さんが持っていないノウハウで土地の価値を高めます。

土地の需要を高めるから、高値で売れ、地主様への利益も多めにお受け取りいただけます。

また、太陽光発電や風力発電に適していない土地でも、当社の不動産ネットワークにて新たな活用方法をご提案して参りますので、お気軽にお問い合わせください。

こんな「売れない土地」はありませんか?


● 駅から離れている
● 山林などで買い手がつかない
● 面積は広いが、活用方法がない
● 不便な田舎の土地である
● 何年も手付かずのまま税金だけ払っている

これらの条件に一つでも当てはまるようなら、一度JCMAへご相談されませんか?
どんな活用ができるのかわからない、そんな土地でも、当協会の専門スタッフが様々な角度から土地を調査し、商品化プランを作成いたします。

ご相談からの流れ

遊休地買取の流れ

≪ ご注意点 ≫
□ 300~500坪の土地であれば、太陽光発電への活用需要が高くなります
□ 土地条件や調査結果により、当協会でのお取り扱いが出来かねる場合があります
□ 山林は伐根済み、農地は農作物なしの方がスムーズに商品化ができます
□ 農地の場合、農地転用ができるかを農業委員会へご確認ください
□ 100%の売却、貸出をお約束するものではありません。

売買と賃貸、どちらが得なの?

売却 賃貸

代々受け持ってきた土地なので売りたくはない。
管理を続けるのが難しいから手放してしまいたい。

そんな目的がある方は、既に売却にしよう、賃貸にしようとお考えがまとまっておられます。
しかし、中にはどちらでも良いけれど、どちらが得なの?と迷われている方もいらっしゃいます。

そこで、土地の売買と賃貸どちらが得なのか、それぞれメリットとデメリットをまとめてみました。

土地を売却した場合

メリット
①固定資産税の心配がなくなる
②土地の維持管理をしなくてよくなる
③購入者は、売買希望が多い
②売却費用+お礼金が利益として受け取れる

デメリット
①不動産資産が減る

土地売買の利益イメージ

売却

土地を賃貸にした場合

メリット
①固定資産税を賃料でカバーできる
②契約期間後、機器撤去は借り手負担で行う為更地で土地が戻ってくる
③契約内容の合意により、契約期間後、発電所システムを譲り受けることもできる
④20年分賃料一括+お礼金が利益として受け取れる

デメリット
①契約期間が20年間と決まっている
②機器設置を行う為、途中解約や契約変更が難しい
③契約期間後の撤去を考え、売買に比べ借り手は少ない

土地賃貸の利益イメージ

賃貸

JCMAが土地の需要を高くできる理由

太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーは、作り出した電気を電力会社へ買い取ってもらい収益を得ます。

利回りで言うと8~10%以上にも上るため、その他の投資方法よりもリターンが大きく、発電条件の良い土地は少々高くても入手したい投資家の方が沢山いらっしゃいます。

また、再生可能エネルギーの電力を買い取ってもらえる単価は、固定価格買取制度と言い設置認可が下りた時から20年間は価格変動をしないことが国により定められています。

つまり、長期間、極めて安定的に利益を得られる、というのが、再生可能エネルギーの売電による投資といえます。

さらに、発電量をアップさせる設計があります

固定価格買取制度により定められた、電力を買い取ってもらえる単価は、年々下がっています。
それにより「もう、太陽光投資の時代は終わった」という方々も少なくありません。

しかし、実は売電単価が高かった時代より、ずっと価格の下がっている今の方が高い利回りを得られるのをご存知でしょうか。

要因の一つは機器と工事の価格が下がっていること、もう一つは太陽光パネルの発電性能が上がっていること、そして最後に「過積載」という設計方法が主流となっているからなのです。

過積載とは、通常、パワーコンディショナという機器の出力を超えないように太陽光パネルの枚数を調整する所を、パワーコンディショナの出力以上にパネルを設計する方法です。

つまり、50kW未満の低圧区分という認定の中で80-100kW近くのパネルを設置することができます。パネルの容量を増やすことで、日照量が少ない時間帯の発電量を増やすことが出来ます。

発電量をアップさせる過積載

そんなことをしてシステムは故障しないのか?と思われるかもしれませんが、過積載は現在主流の設計となりメーカーからも保証が付きます。

しっかりと設計ノウハウが確立されているからであり、当協会でも多くの過積載設置のサポートを行ってまいりました。会員工事業者も近年には過積載設置を多く手がけた経験値の高い職人ばかりです。

そのノウハウを生かし、お預かりした遊休地を需要の高い太陽光や風力発電所用に設計し、買い手・借り手をお探しいたします。ご不明なことや不安なことがありましたらいつでもお気軽にご相談下さい。

遊休地募集 | お問い合わせ・応募フォーム

お持ちの土地情報を可能な範囲内でご記入ください。
内容を確認させて頂いた上で、専任の担当者より2営業日以内にご連絡させて頂きます。

なお、お電話でのご相談も受け付けております。
専門のオペレータが対応させて頂きますので、お気軽にご連絡下さいませ。

0120-010-015(受付時間 9:30~18:30)

は入力必須項目となります。

お名前
お名前フリガナ
メールアドレス
電話番号
希望連絡方法 電話メール
希望連絡時間帯(電話希望の方のみ)
※平日9:30-18:30の間でお願い致します
物件住所
土地面積
地目 山林雑種地その他わからない
希望買取価格
土地条件 売却賃貸こだわらない
その他

ページトップへ戻る