太陽光発電コラム

改正FIT法で2017年度はメンテナンス業者選びの失敗確率が上がる!?

2017.04.04

業者選び知っておほしいポイント

新FIT制度スタート!メンテナンス義務化に伴い知っておくべきこと

新しい年度が始まり、FIT法も2017年4月より改正・施行されました。
発電事業者にとって、2017年度は大きな変化のある年ともいえるでしょう。

今回の改正で注目すべき点のうちの1つが、
これまで任意だった太陽光発電のメンテナンスが義務化されたこと。

やはりどうしても価格の安い業者に依頼したくなるところですが、
実はメンテナンス料が高くてもしっかりした業者を選ぶことで
結果的に発電量が回復し得になることがある
ことはご存知でしょうか。

そもそもメンテナンスってどうして必要なの?
メンテナンスの費用ってどれくらい?
安い業者に頼んでも大丈夫?
メンテナンス業者選びの失敗確率が上がるってどういうこと?

など、ここではメンテナンスにフォーカスを当てて解説してみたいと思います。

<この記事の目次>

1.新FIT制度がスタートされました!メンテナンスは大丈夫?
2.改正FIT法の「保守点検・維持管理」=メンテナンスについて
●保守点検・維持管理とは?●遠隔監視システムは必要?●住宅用の太陽光発電設備もメンテナンスが必要?
3.メンテナンスが義務づけられた背景
4.それなら形式だけでいいから安いところに…ってちょっと待って!
5.発電効率を下げないために!そもそも重要なメンテナンス
6.今年度から業者選びを失敗する確率が上がる!?
7.業者選びのポイントと注意点。業者によっては保証が外れることも!?
8.メンテナンスの契約種類
9.どうせお金を支払うなら、発電効率を維持して売電収益を担保!

改正FIT法の「保守点検・維持管理」=メンテナンスについて

新制度では「保守点検・維持管理」つまり「メンテナンス」が義務付けられました。

ここでいう保守点検・維持管理とはいったいどんなものなのでしょうか。

●保守点検・維持管理とは?
電気事業法で定める技術基準に適合するよう、同法に基づく規定に従って実施します。
また、経産省は民間団体が作成したガイドライン等
(例えば太陽光発電協会が公表している「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」等)
がある場合、これを参考にすることを推奨しています。

●遠隔監視システムは必要?
認定基準上、必ずしも設置しなければならないものではありませんが、
保守点検・維持管理のためには有効な手段であり、設置することが望ましいと考えられます。

●住宅用の太陽光発電設備もメンテナンスが必要?
住宅用太陽光発電の場合も、保守点検及び維持管理計画を策定しなければなりません。
経産省のHPによると
「住宅用太陽光発電では、専門的な保守点検等は難しい場合も想定されるため、
最低限、目視等で異常がないかを確認する等の措置を考え、
保守点検及び維持管理計画の内容を検討するように」 とされています。

(以上「なっとく!再生可能エネルギー FAQ」参照)

メンテナンスが義務づけられた背景

しかし、どうしてメンテナンスが必須となったのでしょうか。

大きな背景は、発電設備への監視・管理が行き届かないまま放置されている発電所があるということです。
そのため、これまでに次のような弊害が報告されるようになっていました。

●発電所が廃棄物の不法投棄場所となってしまっている
●電気事故などが発生した際、そのまま放置されてしまう現場が増えている

こういった事象が発生してしまうのを防ぐ目的で
新制度にはメンテナンスの義務化が盛り込まれました。

それなら形式だけでいいから安いところに…ってちょっと待って!

当然、メンテナンスを依頼するとお金がかかります。
しかし保守点検を怠ると、最悪認定を取り消されてしまうかもしれません。

そんな中、今後懸念されているのが
「とりあえず安いところに依頼する」という事業主が増えてしまうことです。

でも、本当にそれで良いのでしょうか。

発電効率を下げないために!そもそも重要なメンテナンス

実は、義務付けられていようとそうでなかろと、
メンテナンスはとても重要なものなのです。

メンテナンスが重要な理由

●発電効率を維持できる
コネクタ外れ、鳥の糞、パネルの割れなどがあると発電効率は低下します。
発電量が落ちているときも、定期的にメンテナンスを行っていれば原因を特定しやすく、
下がった発電量を回復できるきっかけになります。

●防犯になる
定期的に人が入ることで、防犯性が向上します。
また、窃盗などによって設備の一部が失われていたり破損してしまっている場合も
いち早く気が付くことが出来ます。

このように、発電効率の維持という意味でもメンテナンスは非常に重要です。
中には20年間で数百万円の損失が出てしまうケースも珍しくありません。

ですから、お金をかけてでもメンテナンスを行う方が結果として損益を抑えられると考えられるのです。

今年度から業者選びを失敗する確率が上がる!?

メンテナンスの義務化に伴ってメンテナンス業者が増えてきているといわれています。

残念ながら、中には悪徳な業者の参入もあるようです。
したがって、そのような業者に出会ってしまう可能性も高ります。

例えば、実際には現場にすら行っていないのに
背景などが写らないよう適当に設備をズームした写真だけ送ってきて
「点検完了」といって保守・点検料を請求してくる業者もあるようです。

また、知識のない業者が発電所内を出入りすることで
大切な設備を壊してしまい、発電が止まってしまうという懸念もあります。

ですから、安いからといって安易に依頼してしまうのは
結果的に無駄金を支払うのと同じことになってしまう可能性があるので注意が必要です。
確かな目で業者選びをしなけばなりません。

業者選びのポイントと注意点。業者によっては保証が外れることも!?

まずは太陽光発電に関する事業やメンテナンス事業を
いつごろから始めている業者なのかを確認しましょう。

もちろん、歴史が浅いからといって必ずしも信頼できない業者というわけではありませんが
前述のように2017年4月にあわせるようにして異業種から参入してきたような業者もありますので
一つの目安として頭においておくと良いでしょう。

また、もう一つの目安となるのが価格です。
あまりにも安すぎる場合は、なぜ安いのかを確認する必要があります。
額面だけで決めるのではなく、業者にしっかりと話しを聞いて納得して契約するようにしましょう。

注意したいのが、設置業者以外の業者に依頼するとき。
設置時に設置業者がつけていた保証は、別業者の手が入ることで効力をなくしてしまうことがあります。

必ず設置時に依頼した業者と、メンテナンス業者の両方に保証について確認をしておきましょう。

メンテナンスの契約種類

メンテナンスの契約には、主に次のような種類があります

・1回●●円といったスポット契約
・20年間で5回、といった回数契約
・1年に1回の定期契約

重要なのは、点検項目がいかに充実しているかです。

安いものはやはりそれなりのもの(形式上の点検のみ)が多く、
せっかく点検をしてもあまり意味がないということもありえます。

どうせお金を支払うなら、発電効率を維持して売電収益を担保!

日本住宅工事管理協会では、単なるメンテナンスではなく
発電量の回復を目指せる保守・点検を推奨しています。

すでに改正FIT法は施工されました。
この機会にメンテナンスについてしっかりと考え、
違反とならないよう早急に手を打つと共に、
せっかくなので意義あるメンテナンスをするようにしましょう。