太陽光発電コラム

サイドビジネスとしての太陽光発電

2015.10.30

ビジネスマンや主婦の間でも副収入として選択されることが多いのが太陽光発電事業です。
太陽光発電は、なぜサイドビジネスとして選ばれることが多い事業なのでしょうか。

サイドビジネスとしての太陽光発電のメリット

サイドビジネスとして太陽光を洗濯した人たちは、太陽光発電のどんなメリットに惹かれて選んだのでしょうか。

 メリット1.あまり手がかからないため、主務に集中しやすい
 メリット2.景気変動がなく、20年間の利益が透明である
 メリット3.利回りが良い
 メリット4.副業扱いになりにくい(要確認)
 メリット5.初心者でも始めやすい

順番に、内容を確認していきましょう。

メリット1.あまり手がかからないため、主務に集中しやすい

最初に手続きは必要ですが、発電がスタートすればその後は電力会社が電気を買い取ってくれます。
買取価格も発電所が稼働する前に決まっていて、20年間はその価格が保証されているため、株・為替などのように「常に変動する情報を見張り続ける」といった必要がありません。
ですから、ビジネスマンや主婦にとって、自分の主務に集中することができるので、日常への影響が少ないといわれています。
※メンテナンスは必要ですので、完全に手が離れるものではありません。

メリット2.景気変動がなく、20年間の利益が透明である

メリット1でも述べたように、買取価格やその価格の保証期間が定められています。これは、政府が定めている制度であるため非常に安心です。
また、太陽が照らし続ける限り発電を行えます。景気などにより大きく左右されないことが、太陽光発電事業の大きなメリットです。

メリット3.利回りが良い

太陽光発電の利回りは非常に高いと言われています。
マンション投資の利回り率は約7%程度といわれているのに対し、太陽光発電事業は10~15%程度の利回りが期待できるとされています。
メンテナンスの頻度もマンションなどに比べると少なく投資価値が高いと感じる人が多いようです。

メリット4.副業扱いになりにくい(要確認)

必ずご自身がお勤めの会社に確認をしていただく必要がありますが、太陽光発電事業は会社の副業規定などに反さないことが多いと言われています。
普通のサラリーマンがマンション投資をしているケースをよく見かけますが、同じような感じですね。

メリット5.初心者でも始めやすい

最後に、始めやすさも挙げられます。
太陽光事業を行っている人が多いという事は、それだけ事例も多いということです。
業者選びは慎重に行わなければいけませんが、よい業者と巡り合うことが出来れば初心者にも始めやすい事業と考えられています。

業者選びについては慎重に!

ご注意いただきたいのが、上でも少しふれた業者選びです。
誰にでも始めやすいということは、同時に専門知識がない方が検討されていることが多いという事です。

太陽光発電はどれだけ始めやすいとはいっても、やはり専門性は高いですから、業者には深い知識が必要です。
事業主も業者もどちらも知識がない状態というのは当然好ましくありません。

それどころか「事業主には素人が多い」と着目して、いい加減な提案や施工を行う悪徳な業者も残念ながら少なからず存在しています。
太陽光発電事業は、開始すると20年は付き合うことになる事業です。
この長い間、事業主に寄り添ってくれる業者を選ぶことは最も大切なことです。

ご検討中の方・お悩みの方は、お気軽にご相談ください

実際に太陽光発電を行おうと思っている方の多くが、どこに相談すべきかを悩まれていると思います。
そんなときは、お気軽に当協会までご相談ください。
日本住宅工事管理協会は第三者機関ですので、客観的なアドバイスを行うことが出来るとともに、優良な会員業者のご紹介を行うことも可能です。