太陽光発電コラム

感電にご注意!豪雨・洪水により太陽光発電が水没したら

2015.09.11

太陽光発電所にも大雨の影響が出ているようです

台風や大雨などの影響が太陽光発電所にも及んでいるようで、設備が被害を受けたという事業主様の声が聞こえてきております。

設備が水没・浸水した時の注意点

太陽光発電設備が水没・浸水してしまった場合、ご自身の身の安全のために、以下のことを必ずお守りください。

●太陽光パネルに触らない
●終電箱に触らない
●パワーコンディショナに近づかない
●受変電設備に近づかない

具体的に、どういった危険があるのかを解説いたします。

豪雨や洪水の後には、太陽光発電の設備が破損してしまったり、接続しているケーブルが断線してしまうといった事態が起こっている可能性があります。その状態で水没や浸水してしまった場合、近づくと感電してしまう危険があります。

設備が被害を受けた時の対処方法

では、実際に被害に遭った場合はどうすれば良いのでしょうか。対応は、発電量によって異なります。

●50kW以上(高圧以上)の場合…………専任の電気技術者に連絡をする
●50kW未満(家庭用・低圧)の場合……販売・設置を行った業者に連絡をする

いずれも専門家に連絡を行うことに違いはないのですが、50kW未満の発電所の場合問題が起こる可能性があります。それが、「施工会社がすでに無くなってしまっている」というケースです。

業者が事業撤退や倒産をしていた場合の対応

太陽光発電産業は、国の政策の影響もあり急速に成長しました。その波に乗り、多くの企業が販売・施工を行いたいと手を上げたのは良いのですが、ブームが落ち着いたころを見計らって一部の業者は既に太陽光発電事業から身を引き始めており、中には倒産してしまっている業者も散見されるようになっております。

このような業者の多くは、いわゆる「儲け主義」により一時期だけ参入してきたような企業です。こういった業者に施工を頼んでいた事業主様は、今回の大雨に限らず不慮のトラブル時に対応をお願いする業者自体がなくなってしまっているわけですから、困っている方が多く、当協会への相談も増えております。

水没の場合は、危険度が高いだけに急を要すると思われますので、ご相談先がなくお困りの方は迷わず日本住宅工事管理協会へご連絡ください。

※「近づかない・触らない」は大原則ですが、そのまま放置しておくのも大変危険です。太陽光パネルは破損していたとしても日射がある限り発電し続けることがありますので、最悪の場合火災を起こしてしまう可能性もあります。また、風にあおられて物損事故などを起こしてしまうといった事態も考えられます。放置はせず、必ず専門家に連絡を入れるようにしましょう。

日本住宅工事管理協会にお手伝いできること

日本住宅工事管理協会は、施主様や施工会社様に対し、公平な立場からアドバイスやサポートを行う第三者機関です。もちろん、住宅に関する工事だけではなく、太陽光に関しても適切な施工が行われるように客観的な立場からフォローを行っています。

大雨などによって太陽光発電設備に被害が出てしまった方や、対応をお願いする業者が無くなってしまっていてお困りの方に対し、不安を取り除くためのアドバイスをさせていだくとともに、適切な対応が行われるように優良な業者をご紹介することが可能です。

当協会には全国に数多くの優良会員企業を有しておりますので、エリアや設備の状況にかかわらず、ご相談になりたいことがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※今回の大雨に伴い『一般社団法人 太陽光発電協会』より注意喚起が出ております。詳しくは以下のリンクよりご確認ください。

◆【注意喚起】太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について