太陽光発電コラム

業者任せのEPCだからこそ中身にこだわる!遠隔監視&最適過積載のススメ

2017.11.14

業者任せのEPCだからこそ、中身にこだわりませんか

今回は前回に引き続き、EPCの話題です。

前回のコラムでは、
●EPCだからこそ知っておいていただきたい『業者選定』のポイント
についてお伝えしました。

今回は、業者任せのEPCだからこそ、中身にこだわっていただきたいという思いから、最新のEPCにとって非常に重要となる

●遠隔監視システム『ソラジットミニ』
●EPCでもこだわりたい『最適過積載』

に関する話題を中心に、安心して始められる当協会のEPCについてご紹介したいと思います。

当協会では、「EPCだからこそ安心して相談できるところにお任せしたい」といった皆様からのお声にお応えして、EPCプランのお取り扱いを1kWあたり14.5万円~行っております。
記事の最後に、プランの詳細もご紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

【おさらい】EPCとは?太陽光が初めてでも忙しい方でも安心の発注スタイル

はじめに、EPCについておさらいしておきます。

EPCとは、申請から設置まで、業者に一括でお任せするスタイルです。
太陽光発電は初めてだという方や、ややこしい手続きは苦手という方、忙しくて導入に手間はかけられないという方に大変人気です。

EPCのメリットは、手軽に始められるという点だけではありません。
全ての工程を連携して行えるため、作業に抜けや漏れが生じにくいというのもEPCの大きな特徴です。

 

遠隔監視システムはついていますか?ソラジットミニについて

ではいよいよ、最新のEPCにぜひ導入しておきたい『遠隔監視システム』についてご説明します。

遠隔監視システムとは、その名の通り太陽光発電を遠隔で監視するシステムです。
事業主はインターネットを介してWebブラウザからいつでも&どこでも発電状況の確認をすることができます。

太陽光発電を行うにあたり非常に重要なシステムとして注目度が高まっている設備であり、私どもJCMAのEPCにも導入しております。

当協会のおすすめ!遠隔監視システム『ソラジットミニ』

当協会のEPCに採用しているのは『ソラジットミニ』という遠隔監視システムです。
ソラジットミニは、低圧の発電所用に開発された無駄のない非常にシンプルなシステムです。
以下に、ソラジットミニの大まかな特徴をご紹介しておきます。

●実績が多数ある『ソラジット』の小型モデル
●改正FIT法にも対応している
●出力抑制に対応!九州・四国電力管内でも安心
※ネクストパワコン・日立製パワコンと共に狭義PCSとして出力抑制にも対応。
また、設置後であっても機器交換無しで遠隔ファームウェア更新をして抑制に対応してくれます。
※SMA・デルタ電子のパワコンも対応していますが、モニタリングのみ対象となります(出力抑制の対象ではありません)。
●高性能WEBツール(PV Safety)を搭載
※高性能なWEBツール(PV Safety)を搭載しているので、大規模発電所での活躍にも大いに期待することができます。
●発電所の「今」がしっかり見える
※現在の発電状況を大きく見やすく表示してくれる他、発電量をシミュレーション値と比較してパーセンテージで表示。最適な発電状況かどうかも一目で分かるようになっています。
●発電所をしっかり見守ることができる
※画面は「標準モード」「管理者モード」が選べます。
標準モードでは全てのパワーコンディショナの合計を表示しますが、管理者モードであればパワーコンディショナごとにモニタリングできるのが特徴です。
●発電所の異常を教えてくれる
※発電所で故障が発見されたら、メールでお知らせしてくれます。
※発電所の故障状況はPV Safetyで確認することができます。

このように、非常に便利で高品質な遠隔監視システムが、低圧の発電所でも導入できるため、当協会のEPCで採用させて頂く事になりました。
詳しい情報をお知りになりたい方は、お問い合わせください。

 

免責時間ナシの出力抑制保証があれば、九州・四国エリアも安心!

九州に続き四国でも出力抑制に対する対応が要請されるなど、抑制の波は広がっています。

そこで、当協会では『免責時間ゼロ』『出力抑制開始後に加入OK』という、事業主目線の出力制御補償に加入できるようにしております。

また、売電収入補償にも加入いただけるので、例えば「台風でパネルが飛散した」というケースや、「自然災害で発電できなかった」という場合でも、安心です。

 

やみくもに載せるのはNG!『最適過積載』で効率の良い発電を

近年、過積載はすっかり定着してきました。

しかし、ただやみくもに複数のパネルを載せればよいというものではありません。
発電所の場所によって、最適な過積載率が違うためです。

発電所ごとにロス値は異なります。日照量が多い地域であるにもかかわらず、過積載をし過ぎてしまうと、ピークカットの量が無駄に増えてしまいます。

当協会では、パネルが最もパフォーマンス力を発揮できる、最も効率の良い過積載を『最適過積載』と呼んでいます。

当協会では、事前にしっかりとご相談の土地に対する調査・シミュレーションを行うことで、その土地に合った最適過積載をご提案しています。

「無駄のない過積載にすることで導入費を抑えたい」
「ロスが少ない過積載をプランニングしてほしい」

という方はお気軽にご相談ください。

 

太陽光の不安・不満を解決したい方はJCMAへ

EPCを検討している忙しい方にとって、業者探しに時間を割くのは難しいものです。
当協会にも「時間がなくてしっかり業者を探せないけれど、出来るだけ安くて安心できるところに任せたい」といったご相談が多く寄せられております。

事業主として、当然のお悩みですよね。

第三者機関である当協会が提供するプランなので、機器を選択して頂く際のアドバイスも徹底的に客観立場を貫いており、偏った商品をプッシュするようなこともなく安心して始めて頂けます。

【JCMAエネルギーのEPCプランの特徴】
① 改正FIT法に必要な部材・メンテナンスが全て入っています。
② 売電価格が21円でも利回り15%以上を実現。1kWあたり145,000円(税込)~。
無料完工チェックで稼働後のトラブルを防ぐことができます。
④ 施主様のシステムに最も適した過積載をご提案いたします。
⑤ 出力抑制が始まってから加入できる出力抑制補償があります (災害補償加入でのオプション) 。
⑥パネル・パワコンを選ぶことができます。

このように、高い利回りを実現しながらも、しっかりと安心・安全にこだわったプランになっておりますので、「初めて太陽光発電をする」という方はもちろん、2基目以降で「前の業者では不安がある」「1基目では満足のいく結果が出ていない」という方からのご相談もたまわっております。

安心して太陽光発電を始めたい方は、ぜひお気軽にご相談ください。