太陽光発電コラム

クレジット契約に伴う保険について

2014.07.24

誰も教えてくれないクレジット保険、クレジット会社によって保険が違う!

クレジット契約によって受けられる保険内容が違うことを皆さんはご存知でしょうか?
太陽光発電事業の魅力は20年間の長期間にわたり安定した収益を得続けることが出来る天ですが長期間になるためどのようなトラブルが起こるかは誰もわかりません。
もし、何かが起こったときに事業者様を助けてくれるのが保証や保険です。

ご相談にこられる方のほとんどがメーカーによって保証内容が異なっていることは知っています。しかし、クレジット会社によって保険が受けられる、またクレジット会社で保険内容が違うことを把握している方はほとんどありません。

メーカーの保証だけでなくクレジット会社の保険に関してもしっかりと把握するようにしましょう。

クレジット契約の保険とは

クレジット契約の保険には次の2つがあります。

1 団体信用生命保険
2 動産保険

団体信用生命保険とは

団体信用保険は契約者が無くなったあら、ローンは終了というものです。住宅ローンなどを同じ仕組みです。

事業者に万が一の場合に親族の方や周りの方に迷惑がかからないため、多くの方が使用を考えられています。

動産保険とは

太陽光発電における動産保険は太陽光発電システムに対しての保険です。
太陽光発電システムに対しての保証ですので、クレジット会社がモジュール・パワコン・ケーブル・架台などに保険を掛けてくれます。

左記にも述べたように太陽光発電事業は20年間の運用し続けるものですのでこのような保険がつくのは非常に心強いです。

全てのクレジット会社に2つの保険がつくわけではない

メーカーによって、設置条件によって(野立てか屋根か)保険の適用に当たらない場合があります。

※保険がつくことで利率が変わります。
※メーカー保証と2重の契約になることもありますので気をつけてください。
※ご契約の際は必ず販売代理店の方に確認を取ってください。

日本住宅工事管理協会のご紹介

太陽光発電事業は保証や保険以外にも考えなければいけないことが非常に多く、事業者様だけで最適な選択を行うことが難しいです。当協会は第三者機関として客観的な立場から事業者様のサポートをさせていただいております。

ご不明な点やわからない点などがありましたらお気軽にご相談ください。